"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Evlenme teklifi  プロポーズ




ディナーの後、タイランに誘われて別荘前の海岸に出た。
風に乗って時々、クラブミュージックが聞こえて来る。
潮風に弄ばれる私の髪の毛に触れながら、少し焼けて
精悍さを増したタイランの視線が、私に注がれる。

「僕らに子供が出来たら、どんな感じになるんだろうね?」

唐突に、そしてちょっとテレながら私に尋ねる。

微妙な時間が流れる。

 「それってもしかして・・・プロポーズ?」

「この雰囲気で(笑)、冗談でこんなこと言える?」

 「タイランだったら言えるかも」

「ジェイダぁ~!」

苦笑いをするタイラン。
両手で、私の腰を抱きかかえるようにする。


「marry me?」


トルコ人は、知り合って直ぐに「結婚しよう」とか、
付き合ってもいないのに言ったりする男が少なくないが、
タイランの口から「結婚しよう」と聞いたのは、これが初めてだった。
それだけに、その言葉は重く意味を持って私の心に響いて来た。

黙っていると、今度はトルコ語で聞いてきた。


「aşkım evlenir misin ?」


息を潜め、優しい瞳でじっと私を見つめるタイラン。

evet(はい)と答えようとしたら、「ちょっと待って」という仕草をし、
今度は神妙な顔になった。

「ワタシ・・・・・・」

 「??」

「ワタシ ト ケッコン シテ クレマスカ?」

いつのまに、日本語なんて・・・・・。

 「はい。evet...」

私の返事を聞くと、タイランはクールな顔をくしゃくしゃにして抱きついて来た。

「aşkım ありがとう!みんなにも報告しなきゃ!」

タイランに促され、別荘の方へ向かっていくと、皆が外を見ていた。
タイランが私の手を掴んで手の甲を皆に見せると、
全員が外へ飛び出してきた。

「ジェイダ、おめでとう!」「タイラン、やったな!」「きゃ~ステキ!!」

なんだ。
知らなかったのは私だけのようだった。

「遅いから、浜辺で愛の営みを始めちゃったのかと思ったよ(笑)」

「いや、俺はジェイダが日本のニンジャと結婚するからって、タイランが
フラれたのかと心配してたんだぜ!」

「みんなありがとう!ジェイダがOKしてくれたよ(〃▽〃)」

皆に叩かれながら、タイランが嬉しそうに報告をする。
もみくちゃにされ部屋に入ると、部屋の中がちょっとしたパーティ仕様に
変わっていた(笑)。
もしも私が断っていたら、どうするつもりだったんだろうか(笑)。

みんなに祝福されながら私の隣で微笑むタイランを、
なんだか不思議な気持ちで眺めていた。
家族・・・この人が家族になるのかと・・・。そしていつの日か、子供を・・・。


夜も更け、いつになくお酒のピッチが早いタイランを心配したのか、
ガムゼが「もういいかげん二人きりにさせてあげましょ♪」と促してくれ、
私たちは部屋に戻った。

部屋の中は花いっぱいにデコレーションされており、ピンクや赤のベッドカバー、
ハートのクッションまで置かれていた。
なんともトルコ的な演出・・・・・(^^;。

ふたりきりの甘い囁きもどこへやら。タイランは珍しく結構酔っ払っていた。

「ジェイダぁ・・・愛してる。一生大切にするよ・・・・・・僕は幸せ者だ・・・・・」

 「タイラン、大丈夫?先にシャワー浴びてくるから待っててね」

「ん・・・・待ってる・・・・」


私がシャワーを浴びて戻ってくると、タイランは手に何かを握り締めたまま、
すやすやと寝息をたてて眠ってしまっていた。

まったくもう!!


長いまつげ。
キスする時にちょっと邪魔な(笑)細くて高い鼻。


 Bende seni çok seviyorum aşkım, mutluyum...
      私もあなたをとても愛してるわ。幸せよ・・・


こっそり唇を重ねたつもりが、いきなりがばっ!と抱きしめられ、
「起きてた!?」と焦ったが、全然夢の中だった(笑)。ホッ・・・。

もがいたが、腕の中から逃げられず囚われの身となってしまった。

でも、悪くない
そして、この人と歩んでいくこれからの人生も
きっと、悪くない・・・

大きな手の中に、どうやら私にくれるつもりだったらしい
指輪のケースがあったことは、見なかったことにしておこう(笑)。





↓ 参加中です。ぽちぽちっとクリックお願い出来ると嬉しいです ^^ ↓人気ブログランキングへ  にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ

[PR]
by bizim | 2007-01-11 00:00 | 出会い ~ 結婚まで
<< Tatlım  かわいい人 Yaz tatili  夏休み >>