"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Kyoto'dayım  京都にいます

Kyoto çok güzel ama "RYOKAN" nedence bizi kıskanıyormuş... :(

京都はとても素晴らしいけど、旅館は何故か僕らを嫉妬しているようだ・・・


                                       Taylan Soylu

  

タイランの言葉どおり、4日目の朝、タイランはウソのように元気になった。
そして、風呂付離れのある旅館に宿を取り、2泊3日の京都の旅に出た。

初めての日本。
初めての京都。
タイランはとても興奮していた。

京都の街を歩きながら、タイランが呟いた。

「日本へ来て確信したけど・・・やっぱりジェイダは日本人っぽくないよね」

 「・・・顔が濃いって言いたいんでしょ(笑)」

「背も高いし、ジェイダには日本の男より、やっぱり僕の方が似合ってるよ(笑)」

ああ、そういうことが言いたかったワケね(^^;;;

「本当はね・・・こんなことにならなければ、ジェイダのオフィスや、
通勤までの道や、普段行くランチの店、飲みに行く店、
同じ時間に、全く同じことをしたかったんだ」


 「どうして?」

「そうすればほら、イスタンブルにいる時、『今ごろきっとあのお店で
ランチしてる頃だな』とかわかるだろう?
そういう君の日常を知りたかったんだよ」


タイラン・・・(;O;)

「でも・・・まだ君を僕のものに出来ていないから(笑)、先にそれを知るのが
怖かったのかもしれない。
だから最初は、とっても日本的な所で、一緒に想い出を作りたかったんだよ^^」





早めに宿へと戻る。
女将が離れまで案内してくれ、お茶まで淹れたりするのをタイランは
とても感心していた。
離れの周囲は立派な日本庭園になっており、他の部屋が
見えないように配慮されていた。
この静寂と侘寂、計算され尽くした佇まい・・・トルコ人にはわかるまい(笑)。

お風呂は露天と内湯が部屋についており、ゆったりと寛げる仕様になっていた。


タイランは一番大きな浴衣を用意してもらっていたのだが、それでも
ちょっと短かかった。
その時丁度短髪だったので、浴衣が思った以上に似合っており、
ちょっと惚れ直してしまった(笑)。

「ジェイダ、とっても似合ってる!似合いすぎてて・・・
脱がせたくなって来ちゃった(笑)」

と、落ち着かないタイラン。

 「ダメ!これから部屋に食事を人が持って来るから!」

「え!ここに来るの?( ̄□ ̄;)!!」



お食事タイムとなり、次々に手を掛けた素晴らしい食事が運ばれて来た。
ふたり美味しく、感動しながら戴いたが、またもタイランが

「・・・もうそろそろ、ジェイダを食べたいんだけど(笑)」

食が細めのタイランからすれば、充分過ぎるほど既に食べていたかもしれない。
しかも初めて日本酒を少し飲んで、いい気分になっている(笑)。

 「まだよ。これからこれを下げに来て、そのあとお布団を敷く人たちが来るから、
 それまでガマンして」


「えーーー!もうガマン出来ない!!」

と、タイランが私に襲い掛かって来た時、まるで見ていたかのように電話が鳴った。

 「あ・・・今から下げに来ますって電話よ。出なきゃ・・・」

ここさ~絶対盗撮されてる気がするよとかなんとか、
タイランが何かブツブツ文句を言いながら、私から離れた。

思いっきり彼の浴衣がはだけていた(笑)。

 「タイラン。浴衣直して。セクシーすぎて中居さんが倒れちゃうから(笑)」


タイランは、お預けを食らったままの犬のように、布団が敷かれるまで
ずっとおとなしくしていた。
そういえばタイランは、犬で言えばレトリバーとかに似ているかもしれない(笑)。


出会ってからキスしか許してもらえず、しかも、ずっと離れたまま。
やっと再会して触れられると思いきや、目の前にいるだけで(風邪なので、
キスも出来ず)じっと我慢を強いられて来たタイラン。
ちょっとヤケになってしまうのも、わからなくもなかった(笑)。


並べられた布団を見て

「なんだか、布団ってエロいね~(〃▽〃)」

と、タイランがしみじみと言った。多分彼が日本語を知っていたなら、
「淫靡」とか使いそうなニュアンスなのだと思う。

 「そうね(笑)」

「もう誰も来ない!?終わった?」

真顔で確認するタイラン。

 「まだよ。寝る前にさっきの女将がお休みの挨拶に来るの。その時ちゃんと別々の
 お布団に入ってないとダメなのよ。点呼のためにね」




「オーマイガーーーーッ!!!マジかよーーーーっ!」

             ( ↑ こんなニュアンス (^^;;)


「さっき、布団でもう終りって言ったじゃないか~。
気持ちは充分分かったからって、それは断れないの?
可能なら電話していい?来ないでって(涙)」


タイラン、必死の哀願。
私は笑い出したくなるのを堪えるのに必死だった。

「日本の文化は素晴らしいけど、これはちょっと行き過ぎ、過剰サービスだと
思うよ。あ!多分、そうすると朝だって同じ事がまた起こるんだよね?
あぁ!旅館じゃなくホテルにしておけばよかった!!」


今度は非難とも懺悔ともとれることを口走り始めたタイラン。
もう、私もガマンの限界だった。


 「ひーーーーっ!!(≧▽≦)」


思わず布団に倒れ、転げまわってしまった。

「どうしたの、ジェイダ。オナカ痛いの?」


痛いなんてもんじゃーないよ(笑)。ホントに!!


 「ウソ・・ウソよタイラン。もう朝まで誰も来ないわ。ふたりだけよ」

「・・・本当?」

子供が初めてプレステ(笑)を買って貰ったかのような嬉しそうな顔。

 「それにさっき、朝食をキャンセルして、ブランチにしてもらったの。
 さっきあった旅館内の食事何処に行けばいいのよ。
 こういうところは、そういうお客様の都合にも合わせてくれるのよ。
 少しは旅館のシステムを見直した?(笑)」


「ああ!ありがとう、ジェイダ。でも・・・」

それでも、布団の人たちが来るんじゃないのか?
と、旅館不信に陥っているタイランは(笑)、


  Don't Disturb!  (邪魔しないで!)


と書いて部屋の外に置き、澄ました顔で戻って来た。
後手に部屋のふすまを閉めた途端、


「このぉ~!!よくも騙したなーーーーっ!!ウソつきジェイダ!」


と、忠犬からオオカミに変貌したのだった(笑)。



※そんなタイランに、悪代官ごっこ(悪代官が娘の着物の帯をクルクル剥ぎ取って、
「あ~れ~お代官様、お止めください~」となるやつ(笑))を教えてあげたが、
タイランは淫靡な(笑)布団の上に組み伏して、じわじわと浴衣を脱がせていく方が
ソソられるそうだ(笑)。
意外に古風な日本人的(^^;?




↓ 参加中です。ぽちぽちっとクリックお願い出来ると嬉しいです ^^ ↓人気ブログランキングへ  にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ

[PR]
by bizim | 2007-01-06 00:00 | 出会い ~ 結婚まで
<< Ana başarı mı? ... Taylan geliyor ... >>