"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

別居婚について
「離れていて寂しいとか、心配じゃないの?」「なんで一緒に暮らさないの?」
と、よく聞かれる。

勿論、心配じゃない、寂しくないと言ったらウソになる。
でも私たちは既に3年離れて付き合って来た。

お互い30も過ぎて(笑)、それぞれのライフスタイルもそれなりにある。
勿論、彼は今まで築いて来たものを棄てて日本に来れないだろうし、
私自身も、今すぐに仕事を棄ててトルコへは行けない。

ならば、子供が出来るまでお互いの国で頑張って働いて、お金を貯めよう!
そう結論を出した。

なかなか会えないからこそ、一緒に過ごす時間を最大限大切にしようと
努力せざるを得ないし(笑)、再会した時の喜びもひとしおだ。

今はその距離感をふたり、来たるべき同居の時まで
楽しんでいるといった感じだ。




「でもどうする?毎日顔を合わせるようになったら、『ウザい』とか
 思うようになっちゃうかも(^^;」


「それはさすがにないだろ?君が来る時は子供も一緒だから、
お互いババとアンネの役割も増えて、もっと協力しなくちゃいけないし」


 「そうか・・・」

「でも・・・二人だけで過ごす毎日があってもいいかもな。
誰にも邪魔されずに・・・ホワン(* ̄。 ̄*)(妄想中)」


 「子供が結婚して出て行けば嫌っていうほど出来るわよ。死ぬまでずっと」

「どんだけ先なんだよ!僕は今の事を言ってるんだよ。
それに『嫌って言うほど』っていう表現やめてくれる?例えだとしてもさぁ」


 「理系のクセに細かい表現にこだわるのね(^^?」

「関係ないだろ」

「それに僕は、長く居て嫌な人とは結婚しないよ。長く一緒にいればいるほ
どいいに決まってるから結婚するんであって」


 「そうね。そう思わないと結婚なんか出来ないわよね。でもそんなの30年くらい
 暮らしてみないとわかんないじゃん。あくまで現時点での希望的観測であって、
 真実かどうかは証明されてないワケだし」


「文系のクセに理屈っぽいこと言うんだね(笑)」

 「そう。だから男に逃げられるんだわ。かわいくない(笑)」

「そうかな?僕は正直な君が好きだよ^^」

 「あなたや、トルコ人のまっすぐさには負けるけど(笑)」

「でも女性は基本、誰しもかわいいものだと思うよ(*^ー゚)」

 「ぷっ。石田純一みたいなこと言うのね!」

「誰?」

 「年中素足で靴履く人」

「昔の男?誰?(;・∀・)」

 「さあね~」

時には、振り回して心配させる刺激も必要(笑)?



↓ 楽しんで頂けましたら、ぽちぽちっとクリックお願い出来ると嬉しいです ^^ ↓
にほんブログ村 家族ブログ 遠距離夫婦へ  人気ブログランキングへ
[PR]
by bizim | 2010-09-01 22:51 | Tokyo'dan
<< 夫として 妻として タイランの好きなもの >>