"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

エクスペンダブルズ・・・憧れと母性本能をくすぐられる 
b0197607_0175592.jpg

エクスペンダブルズ(The Expendables)
を観て来ました!


ドルフ・ラングレン&ジェイソン・ステイサム好きの私としては、
ふたりが見れるだけで、も~大興奮!なのですが、なかなか良かったです!

(注:ネタバレあり)
出演が、スライにシュワ、ブルース・ウィリスにステイサム、ドルフ・ラングレンに
ミッキー・ローク、ジェット・リーという超ありえない豪華布陣。
まあ、そればかりが先行して、アクションだし、内容はイマイチなのかな?と
思っていたのですが、いやいや、コレが意外にイケてました。

ストーリーはアクションなので単純明快なのですが、ラングレン様が、ジェット・リーに

「このチビペンギン!」

と罵ったり、
ステイサムにロークが、

(ハゲ隠しに)「クモの巣の刺青を入れたらセクシーだぜぃ!」

と、大スターの肉体的コンプレックスを惜しげもなく突いたり、
シュワに向かって、Planet Hollywoodを共同経営するふたり(スライとウィリス)が、

「次は大統領狙ってんだぜ」

と、ボソッと皮肉ったり、
ヒロインを助けたスライに向かってステイサムが

(彼女を)「タイプじゃないんだろ?(笑)」

と、つっ込んだりと、いやはや笑えました。


前回のトムとキャミーのように、大アップになるといささかシワが目立つ皆様でしたし、
動きも唯一キレを見せていたのは最年少(それでも38歳)のステイサムのみか?
それに合わせて、CGを使わずどこかアナクロ感は否めませんでしたが、
逆に30代以降の人間には、その「臭さ」が心地よく
感じられるんじゃないかなあ?と、思いました。

また、傭兵として金の為に人は殺しても、「女には手を出さない」という
強いメッセージがあったり、随所に古風な男くささ満載。
特に、ステイサムが恋人に暴力を振るった男に仕返しに行くんですが、

カッコイイ~~(≧∇≦)!!

ひとりで6人くらいをフルボッコにした挙句、

「コレが俺の仕事だ」(傭兵ということを彼女に隠していたため)

と呟き、高級バイクにまたがって、彼女をクールにアゴで呼び寄せるんです。
(失恋して落ち込んでたクセになーーーこいつ!!(可愛い))
惚れ直してステイサムの後に乗り込む彼女。

やっぱり、男はこんなふうに男らしくあって欲しい!
いやね・・・やるときは弱さを隠して、突っ張って、カッコつけて
守って欲しいものなんですよね。。。女って。(私だけか?(笑))


でも、恋人に会いに行く時、玄関口で「誰?」と聞かれて、

「君の寝顔を見るだけで幸せな人間だよ」 (←トルコ男かと思ったよ(笑))

などとシャンパン片手に(ワインかも?焼酎じゃない事だけは確か(笑))言っちゃうステイサム。

いや~~鼻ぢ出そうでした(笑)。

ナイフさばきと身のこなしも実に美しかったです。
(取り乱して失礼(笑))


男のロマン、男の弱さ、強さ、いくつになっても変らない悪ガキみたいなノリ、
単純さ、そしてカッコよさ。そんなのが描かれていて、気持ち良い映画でした。
それを「Expendables」(消耗品)と言ってしまう潔さ。
(その割には、タトゥーやバイクにそれを描いてアピールしまくり(笑))

もっとスライが前面に出てくるかと思ったのですが、オイシイトコロを
ステイサムに譲っている感があり、オトナの余裕を感じました(笑)。
個人的には、ラングレン様にもっと出てきて欲しかったのですが(涙)。
でも、ラストの爽やかな笑顔には思わずシビレましたわ(〃▽〃)。

ジェット・リーが唯一アジア人として加わっていましたが、
エクスペンダブルズメンバーに幅を持たせていて良かったと思います。

あと、ミッキー・ロークは実に味のある、男の哀愁を漂わせる本当に
良い役者さんになりましたね^^。
ウィリスもちょっとしか出ませんでしたが、その存在感、
何でも演じ分ける巧さはやはり素晴らしい!

このふたりがこの映画に深みをもたらせ、
「単なる有名スター並べてみました!・・・だけの映画」から
脱却しらしめたと思います。

最後に、日本人のロックが流れてきてビックリ!
この映画にはロックの名曲が効果的に使われているのですが、
その最後の最後を締めくくったのが、日本のロックとは!!

なんと、長渕剛の「絆-KIZUNA-」という曲でした。(エンドロールに出て来ます)
歌詞がこの映画の世界観と合っていて、とっても良かったです。
映画が終わっても、直ぐに席を立たずに聞いて欲しいですし、
彼のファンではありませんが、日本人として素直に嬉しかったですね^^!。

この映画、ちょいとお疲れ気味の男性、
草食男子をお嘆きの女性全てに観て欲しいと思いました(笑)。
私はもう一度、今度はタイランと観に行くと思います(笑)。




↓ 楽しんで頂けましたら、ぽちぽちっとクリックお願い出来ると嬉しいです ^^ ↓



[PR]
by bizim | 2010-10-17 00:27 | Tokyo'dan
<< çok yakışıklı :) タイランの楽しみ >>