"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小さなキューピッド ②
暫くして、タイランが戻ってきた。

 「ザフェルの家、直ぐにわかった?」

「ああ」 

 「家族、どんな人たちだった?」

「・・・・・」

 「タイラン・・・?」


何故だかタイランの口は重かった。
問い詰めると・・・やっと口を開いた。


「ザフェルの母親は、ウクライナから出てきた売春婦だよ」

( ̄□ ̄;)!!


「・・・・恐らく、父親はトルコ人の客だろう」


ザフェルは昼間タイランに、ある事を告白したのだという。
自分の母親が売春婦で、ホテルや街行く男に声を掛け、
客として連れて来るよう言われているのだと。
だから、タイランがザフェルを連れて行った時も、母親はタイランを客だと思ったらしい。

その時ザフェルは必死で、タイランは客じゃない。だからそういうことをしないで!
お姉ちゃんが悲しむからやめて!
と、言ったのだそうだ。

母親はタイランの前でザフェルを罵って叩き、タイランが

「僕はあなたの仕事より、子供を虐待したらそれに関しては黙って
見過ごすわけには行かないですよ?」


と仲裁し牽制したら、止めたらしい。

「それに、彼の『仕事』も立派な精神的虐待だ。これで最後に」

といってお金をあげたら「わかった」とだけ言い、
ザフェルと一緒に部屋に入ってそれからは応答がなかったらしい。

 「ザフェル・・・(´;ω;`) 」

「ザフェルは、だから最初僕にも家に来させようとしなかった。
お母さんが僕を引き込むんじゃないかと思っていたんだろう。
僕は大丈夫だよ。だから心配するな。って言ったんだ。彼は何度も
『絶対だよ。お姉ちゃんが悲しむから、絶対だよ。お兄ちゃんを信じたよ』って・・・」


泣き出す私にタイランは、

「残念だけど、僕らが彼にしてあげられる事はここまでだよ。
辛い事を聞かせてしまってごめん」


と言いながら、自分も目を赤くしていた。

ザフェルと私を思い、愛情で包んでくれたタイラン。
私とタイランを愛してくれ、必死で守ってくれた小さなザフェル。
そして、そのザフェルに圧し掛かる過酷すぎる現実・・・・・。



それ以降、ザフェルを見かける事はなかった。
タイランの脅し(?)が効いて母親が辞めさせたのか、
それとも、もうこの街にはいないのか。

後日、気になってタイランとザフェルの家に行ったが、越してしまっていて
消息はとうとうつかめなかった。



イスタンブルで、ザフェル位の年齢の男の子を見かけると思わず目で追い、
探してしまう。
そんな私に気付くと、タイランはなんとも言えない表情をする。

ザフェルのお陰で私たちが、結婚後どんな「ババ」と「アンネ」になるのか
イメージする事が出来、「この人となら・・・」との思いを、確かなものに
出来たのではないかと思う。
甘い、でも、切ない想い出となってしまったけれど・・・。

「ザフェルはかわいそうだけれど、でも、世の中にはもっと不幸な子供達が
沢山いる。彼ならきっと、どんな境遇でも負けずに生きて行けると僕は思うよ」


 「ザフェル、勉強したいと言ってたよね。いつの日か、タイランの大学に入って来て
 再会出来たらいいな・・・・・」


「そうだね^^」


今日もどこかで、ザフェルが無邪気に笑える1日を過ごしている事を、
遠い日本から願って・・・。



↓ ランキングに参加しています☆ぽちぽちっとクリックお願いします ^^ ↓
 

[PR]
by bizim | 2010-11-07 10:08 | İstanbul'dan
<< トルコで一番コワイもの 小さなキューピッド ① >>