"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

狙われた夫
タイランが空港で自分の便を待ちながら仕事をしている時、
韓国人女性に声を掛けられたのだそうだ。

どうしても調べたい事があって、タイランのPCを一瞬でいいので貸して欲しいと。

夫は戸惑ったものの、彼女があまりに急いでいるふうだったので「どうぞ」と、
応えた。簡単な作業後、彼女はお礼を言うと、

「トルコ人ですか?イスタンブルへ戻るのですか?」

と質問をして来た。(要は、ていのいい逆ナンだったのだ!)
彼女はこれからイスタンブルへ短期留学に行くのだといい、夫と同じ便だった。
席が違ったので、機内ではさすがに話し掛けてこなかったらしいが、
到着後ターンテーブルで連絡先を教えろとか、一緒に写真を!と言うので

「僕は妻以外の女性とツーショットで写真を撮らない主義なので」

と、メアド共々拒否。
すると今度は、どうやって新市街へ行けばいいのか分らない。などと言い出し、
タイランの迎えに便乗しそうな勢いだったので、先に荷物が出てきたのをいい事に、
逃げたらしい。
彼女はそれでも、さっきタイランのPCからメールにアクセスして自分のメアドのログが
残っているだろうから、いつでも連絡してね!と言ったのだそう!


なんて積極的!!





 「それであなた彼女に連絡したの?」

「するワケないだろう」

 「ずいぶんとおモテになるのね~タイランさんは(笑)」

「冷やかすなよ。今まで空港で声掛けられた事なんかないよ。
僕だってびっくりしてるんだから」


 「彼女、そんなに積極的ってことは、よっぽど自分に自信があるか、
 トルコ人が大好きなのね」


「トルコが大好きで住みたいから、まず言葉を覚えるために留学するって
言ってたかな。見た目は・・・まぁまぁ可愛かったよ(笑)」



勿論、誰にもモテないよりはいいが、離れているとこういうのがとても気になる。
夫はキムチが苦手なので(笑)、韓国女性は大丈夫・・・?かとは
思うのだけれど、モテて嬉しくない男はいないだろうし、
ましてや、据え膳を食わないトルコ男などいるのだろうか?(笑)。
うがった考え方をすれば、”一部の” 情報をこうやって私に開示する事で
逆に安心させ、実は陰で・・・ってことも有り得なくはない・・・ってことになる。

でも、こんなことは誰にも言えない。

だって、

「じゃ、そんなに心配なら日本にいないでダンナの元へいけばいいじゃない」

って言われるに違いないからだ。

まさしくそのとおり!(笑)

私のわがままで日本で働かせてもらっている以上、愚痴は言えない。
しかも浮気されたとして

「君が離れていつまでも僕を放っておくからだよ!」

って言われれば、
返す言葉もない。勿論、お互い了承の上とはいえ、人の気持ちは移ろうものだ。
夫婦とはいえ、甘えすぎないようにしなくては・・・と、常に注意している(つもり 笑)。

トルコ人って、確かに「言わなきゃわからないだろう?」っていう、
外国人そのものだけれど、「大丈夫」という笑顔の裏に、日本人のように
ホンネを押し隠すところもあるから(笑)。


「君は彼女の事を疑ってるのかもしれないけど、
女性は男が口説くものだよ^^」


 「言い寄られるの苦手だものね~~タイラン(笑)」

「うん(笑)。男って勝手だから寄られると逃げたくなっちゃう。
それに女性が近付いてくる時は、絶対下心があるに決まってるからね」


 「バッグ買って欲しいとか?あのリング、ステキだったな~とか?(笑)」

「そうそう(笑)」

「それに僕は、キムチよりイカの塩辛の方が断然好きだよ」


 「・・・それ、私?(^∀^;) 全然嬉しくない例え」

「キムチの刺激より、噛めば噛むほど味が出るイカの塩辛だよ、やっぱり!(笑)」

 「だからーー!その例えは嬉しくないって言ってるの!!」


↓ ・・・応援ぽち☆をよろしくお願い致します! ^^ ↓
 
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2010-12-02 00:38 | Tokyo'dan
<< 2011年 私を招致のプレゼンか? 別れの朝 >>