"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

しあわせな おねだり
今夜は忘年会でした。
会社がらみの忘年会が多かったようで、街は人で溢れていました。

b0197607_035491.jpg全然忘年会とは関係ないですが、
今日発売のCREA Traveller Winterは、
「トルコの神秘 不思議 イスタンブール」ですよ^^!
帰りの電車でパラパラと見ましたが、よかったです。


う~~~トルコ行きたいっっ!!


夫と行った想い出の場所やホテルとかも出ていて、見入ってしまった(^^。

基本、クリスマスから年末年始は私がトルコへ行っていたのだけれど、
今年は休みが短い事や、諸事情があってトルコには行けず・・・(涙)。

クリスマスと言っても、トルコではサンタクロースは
新年のキャラクターと化しているし、(そもそもイスラム教だしね(^^; 
でも、サンタクロースはトルコに実在した人物なのですよ~)
タイランは無神論者なので、クリスマスは関係なし。
けれど、お互いプレゼントだけはあげている(笑)。

でも、そこには暗黙のルールがあって、相手に「何が欲しい?」と、
聞かないということ。自分のセンスや想像力、洞察力を駆使し、
相手が喜ぶものをチョイスしようじゃないか!というのが主旨。

でも、私は今年、どうしても欲しいものがあった。

 「タイラン。私ね・・・実はとっても欲しいものがあるの」

「・・・へえ。珍しいね。おねだりなんかしたことないのに(笑)」



そうなのだ。私は夫にものをねだった事がない。
冗談とか、戒めで(笑)「××を買ってもらうわよ!」と言ったりすることはあるが、
本気ではない。あくまで言葉のアヤというか。

街を歩いていて私が何かを見ていたりするとタイランは、

「欲しいの?買ってあげようか^^?」

と、言ってくれたりする。今の季節トルコの風物詩、大好物のケスターネ
(焼き栗)なんかはお言葉に甘えて買ってもらっちゃったりするが(笑)、
例えば「×××のバッグを買って」とか、言ったりした事はない。
おねだりしなくても、自分も働いているのだから、自分のお金で買えばいいと思う。
夫曰く、

「トルコの女性は、男に貢がせてナンボっていうか、それが愛情の
大きさだと思ってるからね(笑)」


とのこと。

 「相手が自発的にプレゼントしてくれるならいいけど、自分からあれ買って、
 これ買ってって、私は好きじゃないな。なんだか契約的な関係に
 なっちゃうみたいで、嫌だ」


「ふ~~ん」と夫は言いながら、「それはすごく理解出来るよ。
君は間違っていないと思う。でも、男は時には甘えて欲しいものだよ。
愛する女性の為に、無理をしてみたいものなんだ(笑)」


今度は私が「ふ~~ん」という番だった(笑)。



「いいよ。欲しいものは何?言ってみて」


 「sen (あなた)」

 「クリスマスに、あなたが欲しい」



モノなんて要らない。
クリスマスから年末年始、夫にそばにいて欲しかった。
でもそれは、お金で買えるプレゼントより、もっと「無理」なことは解っていた。

夫は、頬を紅潮させ嬉しそうな顔をした後、暫く目を伏せていた。
そして、真っ直ぐに私を見ると「わかった」と、微笑んだ。

 「本当?」

「ああ。ありがとう、ジェイダ。今までで一番、幸せなおねだりだったよ」


ああ、サンタ様。
どうか夫をトルコから私の元へ、無事に届けて下さい。お願いします!
巨大な靴下下げて、良い子にして待っています(笑)。。。



↓ ぽちぽちっとクリックをお願いします! ^^ ↓

携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2010-12-11 00:35 | Tokyo'dan
<< 雲行きが怪しく・・・? 爪 痕  ~TSUMEATO~ >>