"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

イスタンブルの友は・・・
私のトルコ行きをタイランから聞いたJから、早速連絡があった。

「よく決めたな。良かった良かった。タイラン、嬉しそうだったよ」

実はJは、私とタイランが付き合いを深めている頃、夫に、
「彼女はもしかしたら仕事を辞めないかもしれない。だからもしも結婚を
考えているとしたら、それも少し頭に入れておいたほうがいいかもしれない」
と、忠告したことがあったらしい。

 「そうだったの?そのときタイランはなんて?」

「う~ん。あんまりよく覚えていないけど、『そうなんだ~』って感じだったかな。」

 「まあ、暫くはトルコでのんびりして、落ち着いたらこっちでも働けば
 いいじゃないか。就職口、紹介するよ。ハマムでマッサージ師とか(笑)。」

「はいはい(笑)。」

またJを交えて3人で遊べるかと思うと、ちょっと嬉しかった(笑)。


夫の親友、オメルからも歓迎のメールが私宛に届いていた。
そこには、意外な夫の事実が記載されていた。

夫は日本で私と暮らすようになり、1年後また離れて暮らす生活には
戻れないと言っていたらしい(私にも、それは話してくれた)。

『僕は今日本で、結婚生活の喜びを感じている。』

そばで見ていると、彼女の中で仕事が思ったより大きなウェイトを
占めている事に気付いた。
僕達の同居生活を維持するためには、もしかしたら僕が
日本で仕事を探す方が近道で、より確実なのかもしれないと思った。


そう話していたそうだ。

知らなかった。
だからあんなに一生懸命日本語を?

「タイランは、アンネやお姉さんが仕事を持ち、生き生き働いて
いたのを見ている。だからそれを奪えなかったのだろうし、
それで君を失う事を避けたかったんだと思う。」

そんなタイランにオメルは、「イスタンブルでの自分の仕事を忘れるな。
彼女ならきっと分ってくれる。諦めるな。」と言って、励ましたそうだ。

私の決断に、

「タイランの親友としてお礼を言いたい。
そしてイスタンブルに来たなら、あなたの親友としても、力になるつもりです。
待っています。」

と、書いてあった。


夫は、素晴らしい友達に恵まれて幸せだ。

何も知らず?タイランは今一生懸命、日本語ドリルをやっている。
まだ信用されていないのか?、私(笑)。

私は、親友にまだこの件を話していないが、きっと、

「だから日本人の方が良かったのに~!あ!でも、アソビに行けるね!
楽しみ~!」

とか言いそう(笑)。

↓ 最後にぽちっ!と、あしあと代わりに よろしくお願いします^^☆↓
 
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-03-24 21:43 | Tokyo'dan
<< 『Bushido』  営団地下鉄に捧ぐ・・・東京メト... >>