"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ふたりのアンネ
今日は母の日。
タイランの提案で、私の母をディナーに招待することにしたのだが、
タイランびいきの母がなんと、

「タイランとふたりきりでデートがしたい」

と言うので、家族での夕食までに、ふたりで表参道デートを
することに。

タイランは快く受け入れてくれたけど、父や弟、私はニガ笑い。
カタコト日本語と、カタコト英語で大丈夫なのか?

 「何かあったら、電話してよ(;´∀`)」

という心配をよそに、タイランも母も「大丈夫」と平気な顔。
母はまるで若い子みたいに

「このブラウス変かしら~?」

と、ノリノリ・・・・・。


夕食の予約を入れた銀座の店まで、無事にたどり着けるのだろうか?

「タイランもいい迷惑だな。あんなおばさんをエスコートしなくちゃ
いけないなんて」


弟がシブイ顔でぼやく。

 「あんたがしっかりしないからでしょ!本当はあんたが指名される
 位じゃないといけないんじゃないのよ。」


「そりゃあ母さんも、タイランの横にいた方が嬉しいだろう。
見栄えが違うからな(笑)」

「おやじまでそんな事」


夕食の店で待っていると、少し遅れて2人が帰って来た。
母の手には、カーネーションの花束が。

「タイランがプレゼントしてくれたのよ!」

と、嬉しそうな母。
いくつになっても女性は花を貰うと嬉しいものだ。

そして、胸元にはキラッと輝くネックレスが。

 「ちょっと、これどうしたの?」

「うふふ。これもタイランが買ってくれたの~(〃▽〃)」

 Σ(^∀^;)


タイランにお礼を言い、自分が代金を支払うと言い出す父。
呆れて無言の弟。
幸せそうに、満面笑顔の母。
それを優しい眼差しで見守るタイラン。

 「でも、無事にたどり着けてよかったよ・・・」


母はずっと興奮気味にデートの様子を話していた。

「周りから見たら、金で若い男を囲ってる有閑マダムに
映ったんだろうな。恥ずかしい。」


悪態をつく弟。弟の気持ちも分らなくはないが、
母親からしたら、無愛想な息子より、笑顔でエスコートしてくれる
義理の息子と出歩きたいと言うのは、理解出来る(笑)。


早めにお開きをして別れるときも、タイランは全員とハグをした後、
母の手を取って敬意のキスをした。
最後までぬかりなし(笑)。


 「タイラン、お疲れ様。なんだか悪かったわね」

「僕も楽しかったから、大丈夫だよ^^」

そして、驚く事が夫の口から告げられた。
入ったカフェで母が紙を出し、そこに記された英文を読み始めたのだと言う。

 わがままな娘だけれど、これからもどうぞ宜しく。
 離れてしまうと、なかなか叱る事も出来ないけれど、
 困った時は、いつでも連絡をして来てね。
 親として、責任を持って正します。

そして、タイランのことも大切な息子だから・・・と、
SEIKOの腕時計をくれたらしい。

時計が好きなタイランのために、日本製の時計かぁ・・・。

夫が嬉しそうにそっと見せてくれた。
GALANTEってラインを知らなかったのだけれど、調べたら結構な値段。
気合い入ってるなぁ~(^^;。
私にそんな高価なもの、くれた事なんかないのに(笑)。

母は、「ナイショにしておいてね。」と言ったらしい。

「これを見て、日本の事を忘れないでね。ってことなんだろうし、
自分達の替わりに、イスタンブルへ連れて行って・・・って意味じゃ
ないかなぁ」


母さん。タイランと・・・っていうより、私のためなんだね。おそらく。
情けないです。30も過ぎて心配掛けて(^^;;;。
色ボケばばあと思ってゴメン(笑)。

夫はいま、イスタンブルのアンネとSkypeデート中。
アンネは、私たちが贈ったプレゼントを手に嬉しそうだった。
私は気を利かせて、早々に退散(笑)。ふたりきりになりたいよね☆

ごめんなさい、アンネ。
あなたの最愛の息子は、今日もうひとりの母に愛情を注いでいました。

でも、自分の親を大切にしてくれる人は本当に嬉しい。
こういう姿を見ると、私も夫の親を大切にしたい、しなくては!
と、思う。

世界中のお母さんに「ありがとう^^。」

更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

  ☆今日もありがとうございます☆

[PR]
by bizim | 2011-05-08 22:23 | Tokyo'dan
<< ソウルメイト 男心の掴み方とは? >>