"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

aşkım benim
「キョウ マスターカラ ハンバーグモラッタノデ
バンゴハン イラナイ ニコアルネ(*´∀`)b」


最近、気が付けば夫と日本語で会話している。
もちろん、込み入った話などはまだムリだし、「貰った”ので”」とか、なんか
固いしで(笑)。

この「ハンバーグ」も、マスターに「コレハ ナンテイイマスカ?」と聞いて、
早速覚えたんだって( ´艸`)うふふ。

私は他のトルコ人の日本語習得過程を知らないので、
これがどれほどのペースなのかは分からないが、
飲み込みは早い方なんじゃないかと思う。

少し前まで、「コレハ ナンテイイマスカ?」
も、「コレ ナニイイマスカ?」だった。
新しいことを覚えながらも、この微調整を怠らず、より完成形に近付けて
いくあたりは、さすがは研究者&教育者のプライドか(笑)。


前にも書いたが、夫の覚えて一番良かった日本語は、

「すみません」

話し掛ける時にも、文字通り謝る時にも、感謝を表す時にも使える万能な言葉。
最初に使えば、次に来る文や言葉をソフトにする働きも。
夫いわく、「気遣いの日本人を象徴する言葉」だそう(笑)。

「ニホンゴデ アイノコトバデ イイコトバ アリマスカ (*^▽^*)?」

というので、「愛してる」も勿論嬉しいけれど、

「あなたを大切にします」

と、言われたのが新鮮で良かったなあ~(*´∀`)> と、ついポロッと言ったら、
意味を確認した後、

「ソレ ボクジャナイネ( ,,`・ ω´・)」

「ダレ イイマシタカ?」「イツ キイタ?」


と、うるさいうるさい(^^;;。
(感情が先に来ると、言葉遣いも雑に(笑))

僕が、もっといい言葉を探すっ!と、タンカを切っていた(笑)。

 「じゃあ、タイランは私から何て言われたトルコ語が一番嬉しかったの^^?」

と、聞いたら、初めて「aşkım benim」って呼ばれた時(*^-^*)ゞ
と、意外にもシンプル。

この「aşkım アシュクム」は、日本語に訳すと「私の愛」。
愛する人を呼ぶ時に使う。
トルコでは愛する人を呼ぶ言葉が沢山あるが、
これは一番親密な呼び方といってもいいかも。
あと、「benim ベニム」は、「私の(もの)」。
「私の」愛、「私の」もの・・・と重ねるところがポイント♪

さ~aşkım benim は、どんな愛の日本語を見つけてくるでしょ?(笑 ←何故か既に笑える)。


最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

  ☆今日もありがとうございます☆

[PR]
by bizim | 2011-08-29 22:28 | Tokyo'dan
<< コトバ探しの旅 言うのは簡単だけど >>