"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トルコ人の謎
トルコ人はせっかちだ。
時間にルーズで、約束の時間に遅れるのは日常茶飯事なのに、
よく意味が分からない(笑)。

バスの出入り口などでも、降りるだいぶ前から我先にとスタンバっている。
あとは、停留所じゃない場所とかで、

「運転手さん!混んでるからここで降ろしてくれ!」

とか言って、降りちゃったりする。(それがフツーにまかり通る)
あと、せっかちとは関係ないが、乗客が運転手の脇に立って、
話しかけたりとかもよくある。

「もしかして知り合い?」

と、最初は思ったりしたが、そうじゃないらしい。
そういう光景をよく見るし、親しげだが会話が「初対面」な
内容だからだ(笑)。
一見の乗客と話し込んでるのも驚くが、平気で前を見ないで
そいつと顔を合わせて話していたりして危なすぎる。

あとは、座っていて視線を感じたので見ると、運転手がミラー越しに
ウインクして来たり。

こいつら、業務中になにやってんねん!
ちゃんと前見て運転しろよ!


と、思う。

あと、運転が荒くて、年寄りが乗り降りしようが直ぐに
すごい勢いで加速するし、急ブレーキも凄い。
「発車」じゃなくて、「発射!」と言ってもいいんじゃないか?
と思う程だ。

無駄なおしゃべりは楽しんでも、

「発車します。吊革におつかまり下さい」

などというアナウンスは当然のことながら、ない。

私は何度もバスの中で転がりそうになり、心配した人によく席を譲られる(笑)。
トルコ人は足腰が強いのか、微動だにしないのが凄い。


イスタンブルの市内バスに乗っていた時の事。
道が物凄い渋滞だった。
乗客はイライラして皆、チッ、チッ、と、あちこちで舌打ちをしている。
(トルコでは男女を問わずよく舌打ちをする。
勿論お行儀のいい事じゃないが、日本ほど良くない事ではない)

すると、運転手がキレたのか「渋滞してるので、迂回します」と、
ルートじゃない道に勝手に入った模様。


ええっ!
じゃあ、バス待ってる人は?
でもって、正規ルートで降りたかった人は?



その人たちはさらに舌打ちしながら、降りて行った(笑)。

ところが、その入り込んだ道が、とても狭い住宅地の中の道で、
そこにいきなりバスが来たもんだから、そこを歩いてた人や、
向かいから来た車も激怒。
そしてついには、コーナーを曲がりきれず、コーナーのど真ん中で
立ち往生。

つか、この道行き当たりばったりだったんかいっ!!

外ではオヤジが

「なんでこんなとこにバスが入って来とるんじゃあ!!(怒)」

と、吠えてるし、乗客のイライラも最高潮。
わがままそうなお姉ちゃんが私に呆れ顔で

「まったく、何やってるのかしらこのバス!!」

と、当たってくるわで大騒ぎ。
とうとう業を煮やした男性2名がバスの外に降り、
前後に立ってバスを誘導し始めた。
彼らのおかげでなんとかピンチを切り抜け、バスは動き始めた。

迂回になって正規のルートより時間が短縮できたのかどうなのかは
全くナゾだ(笑)。

さすがトルコ。


そんななか・・・
トルコのバスはアクビルと呼ばれるもので料金を払うが
(SuicaとかPASMOみたいなもの)
たまにそれを持っていない人が乗ってくる。
現金を受け取ってアクビルを貸してくれる運転手さんもいるが、
いぢわるな運転手だと「現金はダメ!」と、乗車を拒否する
人がいる。(何度かそういう光景に出くわした)
すると必ず、

「僕ので支払っていいよ」

と、アクビルを差し出す人が数人名乗り出る。
もちろん彼らはお金を受け取ったりはしない。

かくて、不幸な旅人は、一気に幸せな乗客に変わる。
それもまたトルコだなあと、いつもの如く物凄い加速に
体を取られながらも、
つい、ニンマリ、ほのぼのしてしまう私なのだ。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-11-03 22:50 | Tokyo'dan
<< タダほど高いものはない? 特別なんてない >>