"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

事件がついに
出掛けていた夫の携帯に、例の彼女から泣きながら電話がかかって来た。

「どうしたの?」

と言ったら、

男に乱暴された。助けて欲しい。
今すぐホテルに来て欲しい。

と。

驚きながらも夫は、こういう話は女性がいた方がいいだろうと
思い(自分の保身も考えて)アンネに頼んで、
一緒にホテルに向かった。

夫の姿を見た彼女はずっと泣いているだけだったらしいが、
落ち着いてやっと話を聞いたところによると、
とある店の男と仲良くなり、夜、一緒に飲みに行った。

気付いたら物凄く酔ってしまっていて、ホテルに送って来て
もらった。そうしたら優しかった男は豹変して、
ムリヤリ乱暴をされてしまった。男の携帯で写真も撮られてしまった。
恐くてどうしていいかわからない・・・。


彼女は、大学に行った時に、夫の自宅の連絡先を
大学からちゃっかり聞きだしていて、アンネに泣きながら
電話して来て、夫の携帯の番号を教えて貰ったらしい。

夫とアンネは、病院に行く事と、必要ならば警察に行く事を
薦めた。
けれど彼女は、恥ずかしいので行かないと拒否。
じゃあ、どうしたいのか?何を助ければいい?と聞いたら、
黙って撮ったその写真を、どこかに流出されたら嫌なので、
消してもらって欲しい。そして、その男に文句を言いたい。
と言うので、夫がその店に彼女と向かったそう。

夫がその男に、彼女に乱暴したことを確認すると、
男は「合意の上だった」と言い、

「お前はその女の何なのか?お前もその女と寝たのか?」

に始まって、彼女がどれほど軽い女だったかということを、
トルコ語でまくし立てて来たらしい。
そして挙句は夫にも暴言を。

「お前は、俺に女を寝取られて怒ってるだけなんだろう?
正義ぶってるんじゃねえよ!腰抜け野郎!」



何もわからない彼女は、泣きながら彼を罵倒して、
店のあたりではちょっとした騒ぎに。

なんとか夫が話をつけ、目の前で携帯の写真を消去させ、
帰国するまでのあと数日、傷心の彼女は夫の家に泊まることになった。
またそのホテルに置いておく訳にもいかないし、心配だからと、
アンネがそうしなさいと言ったらしい。

「正直、本当に消耗したよ。
彼女が自分で招いたこととはいえ、日本女性が悪く言われるのを
聞くのは頭に来たし、あの男も残念ながら最低だ。
アンネも疲れてる(笑)」


私は本当に腹が立った。


 「じゃあ、いま彼女家にいるの?」

「うん。いるよ。寝てるけど」

 「なんか・・・悪いけど、それって彼女の策略な気がする。
 絶対にあなたの部屋に入れないで」


「わかってるよ。
だから僕の部屋の階には来させないように言ってある。」


夫も、彼女に関してはホテルを変えるだけでいいんじゃないかと
思ったらしいが、アンネがそれじゃあ不安で可哀想だからと
言うので、渋々従ったらしい。

 「やだなぁ。私まで同じようにアンネに軽い子だって
 思われないかなあ~」


「大丈夫だよ。アンネは『ジェイダとは大違いね、あの子』って
言ってたから(笑)。多分、本当は呆れて軽蔑してると思うよ」


でも・・・
本当に予期せぬ事件だったのか、
合意の上だったのかはわからないが、彼女が嫌な思いをしてしまった
事だけは事実だろう。
それは本当に気の毒だと思う。
病気とか、妊娠とかしていなければいいけれど・・・。

 「アンネに疑われなかった?『あの子と何かあったんじゃないの?』って」

「あはは。アンネは僕が君に夢中なのを知っているし、
彼女が全然タイプじゃないことも、誰より解ってるさ(笑)」


さすが、恋人親子(笑)。

そうなのよね。まず夫は追ってくる子が好きじゃない。
子供っぽい顔の子や、依頼心が強くて自立していない子も。
まーさーに、彼女。

多分、夜這いされて馬乗りになられても、しないと思う(笑)。

・・・って、タカをくくりすぎか?(^^;。


でも、アンネとタイラン。
お疲れ様でした。。。


↓ 更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^ ↓
 
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-03-25 22:37 | Tokyo'dan
<< 「君は、いったい僕とどうしたいの?」 イスタンブル アタック! >>