"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

威張る人、エラソーな人について考えてみた
私は銀行員だが、常々銀行員とだけは結婚したくないと
思っていた。(元カレも銀行員だが、性格が銀行員ぽくなかったので(笑))。

何故かと言うと、何かとエラソーな人や慇懃な人が多いからだ。
所詮、人様のお金で相撲を取って食わせてもらっているのに
過ぎないのに、「自分たちは特別」みたいに勘違いしている人が多い。

思うに、高学歴な人や家が裕福な人が多いためか、
常にちやほやされて育って来たので、そうなってしまったのだろうか。

私はもともとは金融畑ではないし、親には叱られて叱られて(笑)
育って来たので、物凄く違和感を感じる。

基本、うちの上司たちは

「俺、私は上司だ。だから部下のお前たちが服従して当然」

という人たちが多い。
わがままだし、理不尽なことも数限りなし。
上に媚びる人がうまい具合に出世するのも常。
「部下の言い分に耳を傾ける」人など皆無に等しい。

それで仕事が出来れば、ついてくる部下もいるが、
仕事もイマイチで「上司」というだけでエラソーにしていたら、
イマドキの部下はついて来ない。
ただでさえ、

「俺らはオマエたちみたいにバブルでテキトーに入って
来たのとは違うんだよ。
物凄い競争の中を勝ち抜いて来たんだぜ」


と、バブル世代の上司を内心バカにしているもんだから手に負えない。


実は尊敬されていないと薄々気付いているもんだから、
上司は面白くない。だから余計に

「上司なんだぞ!言う事を聞け!」

みたいに力で押さえつけようとする。
だから余計反発される。更に高圧的になる・・・。


皆がそれぞれの特権意識を持っているから、ぶつかり合いが凄い。
「負けるが勝ち」ということを知らない人達だ。


プライドを持つことは大切だと思うが、
勘違いなプライドは自分をむしろ小さくするだけじゃないか。

仮にこの会社でトップを取ったとしても、所詮は狭い世界。
日本一じゃない。
日本一になったとしても、世界一じゃない。
後ろを見るな。
上を見ろ。
凄い人は自分の上に山ほどいる。上には上がいる。

それは私が常々思っていることだ。

私が今まで会った凄い人たちは(どの業種にも共通している)
決して高圧的だったり、威張っていない。
謙虚で真摯だ。

「オレは凄いぜ!」

と自己アピールなんかしなくても、ほおっておいても
尊敬されるから
パフォーンマンスをする必要がないのだ。


でも、そうでない(笑)上司のことを考えた時、
私が尊敬していないのとか、
「えーーそのやり方ってどうなの?」と内心思っているのが伝わるから
力技で来るのかな?と。

要は、威張られるにはこちらにも一因があるのかも
しれないと思った。
もし自分が彼、彼女の立場だったら、
面白くなくて同じようにしてしまわないとは、言い切れないかも・・・。


部下は「上司のクセに」と思い、
上司は「部下のクセに」と思う。


これでは、溝はどんどん広がってしまう。
そう思って、最大限歩み寄るようにしたら、上司の態度が
少しずつ変わった。

名字で怒鳴っていたのが、いつしか「ジェイダさん」と、名前で
呼ぶようになり(最初ちょっと気持ち悪かったが(笑))
好意的に見てくれるようになった。
勿論・・・「えっ!!」「(-"-怒)」と思うことも未だ多々あるけれど、
精神的に大分楽になったのは確かだし、

人ってやっぱり面白い!


だけど、

「自分は特別」

そう思っている人たちの根本は、おそらくもう一生変わらないだろう。

だったら、そのささやかなプライドを満たしてあげたっていいじゃない!
その程度の事で機嫌よくいて下さるなら、

「はい、喜んで!」

と、居酒屋で働いてる気分で( ´艸`)。

・・・そんな感じで、今日もいぢわるに、したたかに(笑)。


人間関係で疲れた時、「みんなそうなのね(*`皿´*)ノ!」
そう思って明日も頑張ろう!
金環日食肉眼で直視するよりまぶしいアイツにアタックだ!(←意味不明)


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-21 22:14 | Tokyo'dan
<< ウソ?も方便 すれちがい >>