"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

男旅行でスミマセン
今、旅行から戻りました!

泊りがけの旅行って、やっぱり相性と言うか、
合う、合わないがはっきりしますね。。。

私も、今まで一緒に旅行に行っていた友人も、
たとえば旅行の計画から予約、食事の店や行きたいところ、
それぞれが分担して決めたり、ちゃんと調べて
自分の意見を言ったりしていました。

つまり、相手や、誰か一人にすべてを任せるのではなく、
皆が互いの負担を考えつつ分散・・・って感じだったんですね。
だって、みんな忙しいのは同じなのは解っていますしね。

でも今回の友人は、エアーを探して手配するところから、
何から何まで、ぜ~~んぶ私任せ。
例えば、自分が食べたいのでいいからと食事の店探しを頼んでも、

「情報が多すぎてわかんない~」

で、終了(笑)。
旅行中は旅行中で、「あと何駅?」とか、「これなに?」とか、
自分で調べようともせず、なんでもかんでも聞いて来る。
それもかなりしつこくて(笑)。「子供かっ!」
で、旅行のおいしいとこなんかは自分が先にとっちゃったりして、
面倒なことは全部私に(´-∀-`;)。

旅行以外ではそんなことないのに、ちょっとびっくり。
正直、「私はあなたの専属ガイドじゃないぞ!」と(笑)。

24時間以上、数日一緒に居ると、合う、合わないがはっきり
わかるし、その人の本質が見えて来ますね。
疲れて来た時なんかは如実に。

いつもの友人同士だと、買い物や観光でお互い
見たいものが違った場合、

「じゃあ、ここで1時間後に集合ね!」

とか、私はマッサージ、連れはショッピングとか、融通を利かせて
常にべらべったりっていうのはないのだけれど、今回の彼女は
とにかくべったり一緒に行動したい派のよう。

でも、自分が見たくないものの時は不機嫌そうだったので、こちらも
気を遣うしで、しばしの別行動を提案。
でも、「迷子になったら困るから」と、お流れに。

きっと、女性同士の旅って、普通はこうなんだろうな・・・と。
いつも一緒、朝の支度にも1時間以上かかるとか(笑)。

そう考えると、別行動ありまくり、朝の用意も、直ぐ出る、
夜も素早い行動で直ぐ寝る。
疑問や少々の事は人に頼らず自分で調べる、
解決する、それでもだめだった場合になってから助けを求める。
臨機応変に。
意見を聞かれたときに、「なんでもいい」と言わない。

・・・という旅行スタイルの私たちの方が、
ちょっとフツーじゃなかったのかな(≡ε≡;)
と、思った(笑)。

男旅行ね(´-∀-`;)。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-28 23:07 | Tokyo'dan
<< ありがとうございます! タイランの見た日本 その3 >>