"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

どう観るか?どう解釈するか?( ´ ▽ ` )ノ
b0197607_010503.jpg

テレビとかドラマって、滅多に観ないのですが、今夜のダブルフェイスは、
大好きな西島秀俊さんが出るので、思わず観てしまいました

いやぁ~。
久しぶりにテレビに引き込まれてしまいました。
ヒリヒリした緊張感が伝わって来て、見応えがありました!
実は、香川照之さんも、伊藤淳史さんも、とても好きな役者さん。
皆さん演技派なんだけれど、肩が凝らないし、
且つ、善人の役も、悪人の役もこなせる幅の広さに魅せられています。

主役のお2人、セリフが少ないのに鬼気迫る雰囲気や、
目で演じきっているところ、さすがです!!

西島さんのちょっと陰のあるヤクザ役(本当はヤクザじゃないけど(笑))
とってもステキでした+゚。*(*´∀`*)*。゚+。


最後、ヒロシ(伊藤淳史)が兄貴(西島秀俊)に

「兄貴、何で教えてくれなかったんだ。一緒に行きたかったのに」
「じっとこちらを見ている奴がいれば、それが刑事だ」


と言いましたよね。

これって、どっちなんでしょう(笑)?


サラッと見れば、ヒロシのキャラからいったら、兄貴が犬(刑事)だということに
気付かないまま、純粋に「一緒にマッサージ、行きたかったな!」
という意味なのだと思います。

けれど、西島が意を決して出掛ける前、「ウソついててごめん」と、
自分の過去を告白しますよね。
実はあの前から、ヒロシは兄貴が犬ではないかと
気付いていた(解りやすい時点では、ボスの女の家に家探しに入った時点)。

そして、ただならぬ雰囲気で朝出て行こうとする姿に
確信を得て、自分から告白することで兄貴の「実は俺も・・・」
という告白を待っていた・・・のではないかと。

そして更に深読みすれば(笑)、組のメンバーが駆けつける前に電話をして
追手が迫っていることを知らせた。そして、本人も言っていたように

「あの場所にいなかった奴が犬だ」

・・・つまり、兄貴がその場所にいないという事がないように、知らせたとも。



「じっとこちらを見ている奴がいれば、それが刑事だ。」


このセリフは、兄貴が犬じゃないと思っているとも取れますが、
今、自分(ヒロシ)をじっと見ている奴・・・それが刑事(と、知っていたよ)。
という間接的な表現とも取れます。

ドラマの冒頭、警官が扮したカップルを、他の仲間は
「単なる不倫カップルだ」と見破れずにいたのに、ヒロシだけは
「こっちを見てる」「絶対刑事だ」と、見破っていました。

お人良しとか、頭の良し悪しに関係なく、そういう洞察力とか
嗅覚を持つ人が、兄貴が実は犬だったと見抜けなかったとは、
思えない気もしますがどうでしょうか(笑)。
細かい伏線もナニゲにたくさんあった気がするし。
まさに、ヒロシも「ダブルフェイス」みたいな!( ´艸`)


元となっている「インファナル・アフェア」もかなり手に汗握る
映画でしたが、ダブルフェイスもかなりいい!
おそらく、どう解釈するかは受け手に任せます的に、
色んな要素を散りばめているのでしょう☆

夫にも観せて、どっちに解釈するか意見を聞いてみたいなあ~(笑)。

(観ていなくてなんの事だかわからない方、すみません!!)
[PR]
by bizim | 2012-10-16 00:19 | Tokyo'dan
<< facebookで××する人は・・・ 女ともだち >>