"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:İstanbul'dan( 32 )
istanbulのイメージ
イスタンブルと聞いて、どんなイメージが浮かびますか?
b0197607_23224497.jpg

文明の十字路、エキゾチック、イスラム、はたまた、オリンピック立候補地(笑)
などなど・・・。

私自身は、イスタンブルは世界で美しい都市の上位に入ると思うし、
とてもロマンティックな、艶っぽい街だと思う。
よく、トルコのよさについて聞かれるが、

「行ってみないといくら言ってもわからない。でも、行けば必ずわかる。」

と、言うようにしている(笑)。
何故なら、行った人は必ず老若男女を問わずリピーターになる。
それが全てだろう。


まず・・・日本のように四季がある。
海があって、緑も多い。
近代的なビルが立ち並ぶと思えば、歴史的な建造物や街並みが
普通に残っている。
b0197607_23373964.jpg

古さと新しさ。
そして、欧州の香りとアジアの面影。
今まさに勢いがあるのだけれど、どこか古き良き懐かしさもある。
何よりこの街には、愛の囁きが似合うなあと思う(笑)。
b0197607_23363614.jpg


実際、日本人のみならず、イスタンブルに魅せられ世界各国から
移り住んでいる人が多い。
b0197607_23273316.jpg
(実はこんな風に分かれているイスタンブル。
まさに欧州とアジアの出会いの場(笑))




話は変わるが、実はトルコ人の顔があまり好みじゃない。
美男美女が多いとは思うが、どこかトルコ人特有の顔つきがあって、
(うまく言葉じゃ説明できないのだけど)それがあまりタイプじゃないのだ(笑)。
日本に居ても、

「あ、あの人トルコ人だな」

と、分かることが多い。全体の雰囲気とか、顔では・・・強いて言えば
目元かなあ・・・。あと、肌の質感というか透明感とか色とか。
中には欧米人っぽい人もいるけれど、彼らに比べ
特徴的には、目元の印象がどことな~~く「くどい」(笑)。
あと、肌に透明感がキモ~~チ足りない。
どこかアジア人の質感を持っている。
説明が難しいのだけれど(笑)。

けれど、そのトルコ人の面立ちはイスタンブルの街に似合っていると思うし、
イスタンブルもまた、彼らにエキゾチックさや、独特の陰影を与えていると
思う。


私がもし映画監督だったら、イスタンブルを舞台にした映画を
撮りたい。ここでなら、主演俳優のダイコンぶりも、
少々のカメラワークのまずさも、イスタンブルマジックで
ごまかしが効きそうだからだ(笑)。
b0197607_23311029.jpg

スパイ映画がいい。
そこにちょこっとスリリングな恋愛をからめて(笑)。
ベタだけど、イスタンブルなら絵になる。きっと。

そんなイスタンブル、まだの方も、
リピーターの方も。是非・・・
b0197607_23322531.jpg






  おまけ
あ・・・「迷宮の街 イスタンブル」ってことで、
映画が公開されるようです。
b0197607_23534299.jpg




面白そうですね!
[PR]
by bizim | 2012-11-06 23:38 | İstanbul'dan
オメル、 災難か めでたいのか
夫の親友オメルが、結婚することになった。
なんと、デキ婚。
去年、オメルの日本行きを阻止してシチリアに連れて行かせた
彼女ね(笑)。

おめでたくはあるが、トルコでも順序の逆になった結婚は
大声で言えたことではないのは同じで、
それ以上に当のオメルはフクザツらしい。

何故なら、彼女と結婚をするかもしれないなとは思っても、
それより先に子供は望んでいなかったらしい。
だから、きちんと避妊をしていたのだけれど、その時に限って
避妊具が破れていたらしく・・・・・・・。


見事、命中!


(オメルは)堕胎する事も考えたらしいが、彼女は産みたいと言い、
結婚することとなったらしい。

夫曰く

「オメルははめられたんじゃないかと思う(笑)」

日本語だったら、「×めておきながら、はめられたんだ~!」
と、お下品なギャグも脳裏に浮かぶところだが(笑)、

 「結婚なんて、なんかそういうキッカケないとね。
 特にオメルはバツイチなんだし」


「僕もね、昔破れて真っ青になった事あるよ(笑)。
空気が入ってたか、彼女の爪で引っ掻いたかどっちかだと
思うけど」


 「・・・・・(´-∀-`;)」

「なんともなくてホッとしたけど」

そういえば、20代の頃彼と温泉宿とかに泊まって、

 「やばーい!子宝の湯だって~(笑)」

とか言ったりした事もあったっけ :p。

オメルも30過ぎだし、そうなったのも何かの縁。
今度は失敗しないように、頑張って欲しいなあ~。

向こうに行ったら、付き合う事になるだろうオメルの奥さん。
いい人だといいなあ。
夫は未だに「オメルは面食いだったのになぁ~。
これでいいのか~」
と、失礼なことを言っていた(=∀=)。

ウチだってそう言われてたりして(ぷ)。


お帰りの際に、ぽちっ☆と、して頂けると嬉しいです!^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-06-09 23:23 | İstanbul'dan
喫煙大国 トルコ
b0197607_21553188.jpg

トルコでは喫煙率が高い。
なんと、男性の喫煙率は51.1%で主要国一位

健康志向が高まり、吸わない人が若い人を中心に増えているとは言うが、
それでも日本と比べたら、まだまだ喫煙率は高いと思う。

スモーカーの夫は10時間を越えるフライトで
禁煙しなくてはいけないのが時差よりキツイと言っている。

「健康の為にね、やめなきゃいけないとは思ってはいるんだけど・・・」

といいつつ、やめる気配は微塵もない(笑)。

「これ食べてからダイエットしよう(・∀・`*)!」

と言っている私と同じだ(笑)。
要は、自分に言い訳して免罪符にしてるだけなんだけれど :p。

タバコは私自身は吸わないが、夫がマナーを守ってくれれば、
(ポイ捨てしないとか、歩きタバコしないとか、部屋で吸わないとか)
好きにすればいいと思っている。
トルコに行く時は、免税でタバコをお土産にしていくのが定番になっている。

b0197607_21533912.jpg

イスタンブルの飲食店にいると、トルコの女子は
お構いなしにスパスパ始めるが、気の利いた男性は私に

「吸ってもいいですか?」

と聞いてくれたりする。
「どうぞ^^」というと、大抵は「いかが?」と、タバコを勧めてくれる。
「ありがとう。私は吸わないんです」というと、

「いいですね。僕もやめたいんだけれど、やめられないんです(笑)」

という人が多い。

こんなふうに、知らない喫煙者から、挨拶代わりに
タバコを勧められる事は少なくない。
そして、「火ありますか?」と聞かれることも。
確かにトルコでは、知らない喫煙者同士の火の貸し借りが多い。
ライターがなくてもお互いのタバコ同士をくっつけ、器用に引火する。

そして、着火を確実なものにする為に、点火後タバコをきゅぅ~っと吸うが、
その時の男性の表情が結構好き。眉間にややシワが入って、
伏し目がちになって、長いまつげが麗しい。
そして、頬と口元が(吸引の為)一瞬キュッ!となるのも


oh セクシー!(笑)


それが見たくて、譲り火をしているのを見かけると
ついガン見してしまう(笑)。

一度、それ見たさにわざわざタバコをふかして、
夫に譲り火したことがある。
夫は私の意図を掴めないまま、「???」って感じでもらい火をしていた。

ジィ~ ( ̄∀ ̄*)キュン!

(´・д・)y-~ ???

でも、
夫がタバコ吸ってる姿は、あんまりセクシーじゃないんだよなぁ。
何故だろう?(笑)。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-02-21 21:57 | İstanbul'dan
人の恋路をジャマする者は
私も夫も犬が大好きなので、向こうに行ったら犬を飼いたいと思っている。
ただ、それにはちょっと懸案事項が・・・。


イスタンブルの夫の実家に滞在中、バカンスに出た友人から
夫が犬を預かっていた。
tony(犬の名前)はよく夫に懐いて、夜は夫の部屋で寝ていた。

そして夜、私と夫がベッドで仲良くしていると、犬絨毯が敷いてある寝床から
ベッドに上って来て、ジャマをするのだ(笑)。

要は、嫉妬。
じぇらすぃ~~(笑)

後からやって来た私が「自分のタイラン」を取ったと感じるらしい(^^;。

「こらっ!あっちで寝ていなさい!」

と、夫が叱ると、淋しそうな眼をしてすごすごと寝床へ引き下がる。
なんだかちょっとかわいそうだが、仕方ない(笑)。
b0197607_22414785.jpg


そしてtonyが眠ったのを見計らって抱き合っている時、チラッとtonyを見ると


ジィィ──U¬д¬U──ッ


と、私たちをガン見していた。

寝たんじゃないのかっ!君は!(笑)

 「ちょっとタイラン・・・tony見て。やだぁ(^◇^;)」

「あの目は、何をしているのかわかっている目だな(笑)」


音や声を立てないように静かに静かにしていたのだけれど、
犬の聴力からしたら激しい部類に入っていたのかもしれない(笑)。

気になりつつも、離れて暮らす愛し合う者同士がお互いの感情を
お犬様のために止めることなどは到底出来ない。

キニシナイ~chu♪(* ´з)(ε` *)chu♪


「うわああっ!」

 「キャー!」



夫の声に驚いて、私もつい叫び声が。


そんなに激しかったのか?
・・・・な訳はなく(笑)、一番肝心な時にtonyが狙いすましたかのように
夫の足を舐めて、甘噛みをしたのだった。

夫は呆れて笑いながらもtonyを叱り、とうとう別の部屋へ連れて行った。
暫く、くうん、くうんと鳴いていたが、諦めたようだった。

「あーーー。驚いた。何が起こったのかと思ったよ」

 「そんなにしてまでジャマしたかったのね(笑)」


犬は淋しがり屋だから、同じ寝室で家族として一緒に寝てあげたいが、
毎晩あんな感じで凝視&合いの手(笑)を入れられてしまうと、
困ってしまう。なので夫と、

「犬を飼いたいし、一緒に寝たいけど、tonyみたいにされると
困るよね」

と、話している。


 「タイランみたいに、一度寝たら絶対に起きない犬ならいいよね」

「・・・その言い方、なんかちょっとひっかかるな」

 「気のせいだよ :p」


でも、
わたしたちの秘密の行為の唯一の目撃 犬 tony
元気かな?(笑)


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-02-05 22:51 | İstanbul'dan
私はトルコ人?
まずはこの動画を見て欲しい。

 10 Kasım saat 09:05... İstanbul


これは2009年11月10日に撮影されたイスタンブルの市内各地の様子。
(うぅ~懐かしい!!)

街行く人や車が止まり、クラクションを一斉に鳴らしている。
キレ易いトルコ人が暴動?

いいえ・・・トルコで最も愛されている人の死を悼んでいるのだ。

b0197607_2057099.jpgその人の名は、Mustafa Kemal Atatürk(1881-1938)。
近代トルコ建国の父であり、政教分離を唱えた初代大統領でもある。

トルコ国民は皆彼を深く敬愛している。
神格化していると思わせるほどだ。
だから彼の亡くなった11月10日の9時5分には、皆がこうやって時を止めて祈りを捧げる。


アタチュルクは、近代トルコを作るにあたって日本を手本にしたとも言われている。
それは、トルコ人の親日にも少なからず影響を与えているのではないかと思う。

何故、遠く離れた日本を・・・?

その答えは、彼の恩師に山田寅次郎(1866-1957)という日本人がいたから
だろう。
b0197607_215660.jpg
本も出ているので、ご存知の方もおられると思うが、山田寅次郎は、イスタンブルでバルチック艦の動向を密かに監視し、日露戦争の諜報員として活躍した影の功労者だ。

また、アタチュルクをはじめ、トルコのエリート士官たちの恩師でもある。
(寅次郎38歳 水パイプとともに →)


山田寅次郎がトルコに渡ったキッカケはエルトゥールル号が和歌山沖で座礁して600余のトルコ人乗組員が亡くなった悲報を受け、個人的に募金を開始したことだった。
(※日本政府はトルコ政府に、この時期は台風などで天候が良くないため、
もう少し日本へ留まるよう忠告をしたが、資金難と日本でコレラが
流行していたため、出国を急いでこの難に遭ったと言われている)

今日みたいにネットはないため、全国を回り自らの足と熱意で
今の金額で1億ほどの義捐金を集めた。
それを外務省に届けたところ、当時の外務大臣青木周蔵は、
寅次郎自らトルコへ募金を届けるように提言。
寅次郎は単身トルコに渡る。
(寅次郎の熱い思いに心打たれて募金をする日本人、
そして、その想いを受け、自ら届けるようにと粋な計らいをする大臣。
素晴らしいですね・・・(涙))

そしてその想いはトルコにも届き、寅次郎は皇帝アブドゥル・ハミト二世に
拝謁する機会を与えられた。
そしてハミト二世は日本や寅次郎に心を動かされ、士官たちに
日本語と、日本の精神を訓えて欲しいと依頼をする。

寅次郎はその申し出を受け、トルコと日本の友好のために20年間
心血を注ぐ。

そして、寅次郎の貢献もあり、大国ロシアを倒した日本に、
同じくロシアに苦しめられていたトルコも自分たちの事のように
心からの喝采を送った。

そんな、強く、情もある日本や日本人に、アタチュルクが心を動かされたのも
当然だろう。
そして、最期までトルコを愛した寅次郎の気持ちもまた、分かる気がする。


  ボスポラス 東亜の景も 今は夢


山田寅次郎の辞世の句だ。


トルコの誇り、アタチュルクと、
日本の誇り、山田寅次郎への敬意をこめて、
私も11月10日9時5分には黙祷を捧げている。

そして、この動画を見るたび、何故か胸が熱くなって
泣きそうになってしまう私を、夫は

「君の魂は僕よりトルコ人だね(笑)」

と、からかうのだった。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-01-22 21:10 | İstanbul'dan
トルコの・・・な話
トルコに行ったことのある人や、トルコ人の知り合いがいる人以外の日本人は、
トルコやトルコ人男性ってどういうイメージなのだろう?
そう思って以前知人に何人か聞いたところ、まず外見からして

「みんなスーパーマリオみたいな顔なんでしょ?」

と、思ってる人が多かった(^^;。

そうよねえ・・・。フランス人やイタリア人が愛を囁いても、お洒落で
ロマンチックなイメージだけど、スーパーマリオが愛を囁くと、
ギャグか、はたまた暑苦しいか(笑)。
前回のイケメン特集で、マリオばかりではないことがお解かり頂けたかとは
思うのだけれど。。。


あとトルコにしても、「イスラムの国でしょ?家が土塀とか一夫多妻?」
と、アラブ諸国やイスラムの国的なイメージを持っている人が多かった。
そんな人にイスタンブルの写真や、街を闊歩するヘソ出し女性の
写真を見せたら

「ヨーロッパと変わらないね!」

と驚いていた。
確かに、イスタンブルだけを見れば、欧米の街とそう変わらない
かもしれない。
都市部では結婚するまでバージンを守る人は皆無に等しいし、
ネット上では、自分のセクシーな画像を載せて、
セックスフレンドを堂々と募集する若い女性だって少なくない。
お酒だって飲む。
当のトルコ人達だって、EU加盟を狙っているだけあって
「自分たちは欧州(人)」と思っているフシもある(苦笑)。
(注 その一方で、「自分たちは唯一無二のトルコ人なんだ!」
という強烈な意識もあるのだけれど)

「アラブ人は好きじゃない」

というトルコ人も少なくない。だから、同じにして言うと、結構怒ったりする。
「それって、日本人と韓国人は同じでしょ?って言うのと同じだよ」
って、言われたこともある。)

自分たちはアラブのイスラム諸国とは違うという
意識が明確にあるように思う。
(周囲がどう思おうが(笑))


確かにトルコはイスラム国家ではないし、飲酒やお祈りをしない人も
多いが、断食はする人、地方では結婚までバージンを守る女性も多い。
スカーフで肌を覆う人たちも少なくない。
そして、いまだに地方で残っているのは「名誉の殺人」だ。

例えば、女性が離婚して実家に戻ったり、
結婚前にボーイフレンドが出来て、性的交渉を持ったという
噂が立てば(事実であろうが、なかろうが)
その娘に黒い服を着せ、父親にライフルで「ズドン!」と、
射殺されてしまう事がある。

それが、名誉の殺人。
つまり、そういう娘はその家のみならず、一族の「恥」とされて
しまうためだ。
もしもこれが日本にもあったら、日本中、名誉の殺人だらけに
なってしまうけれど(^^;。

勿論、トルコでもこんなことは許されてはいないし、
そういうニュースが報道されるたびに、
物凄い非難の声が挙がる。
だけれども、そういう名誉を守るための儀式を受け容れ、
黙認している家族や地域、思想がまだ残っていることも、
トルコの一部であることには間違いはない。

宗教や、その国や地域が長年培ってきた思想、しきたり等は、
なかなかよそ者がどうこう言える事ではない難しい部分もあるけれど、
殺人を犯してまで守らなくてはならない「名誉」とはなんなのか(命より
重い名誉なんかあっていい筈ない)
と、思ってしまう。

この「名誉の殺人」は極端な例だが、トルコ人の「名誉」とか
「恥」の意識、「プライド」が、トルコ人の気質に、良い影響をもたらしていることも
あるということを、トルコ人の名誉のために(笑)
付け加えておきたい。

最後ににぽちっ☆と、よろしくお願いします
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-17 22:27 | İstanbul'dan
泊まらせてもらえない僕
婚約までは、ホテルや友人宅に滞在していたが、
毎日送り迎えでタイランが現れるので、私が定宿にしていた
プチホテルの人とも、顔見知りになっていた。

部屋はダブルにしていたが、原則、どんなに遅くなっても、
夫に必ず家に帰るようにお願いしていた。

最初夫は「どうして?」と、反発したし、浮気?も心配した
みたいだったが、やはり自分の中でけじめをつけたいというのが
大きかった。

ずっとタイランが入りびたりだったら、夫の実家で過ごさない方が
逆に失礼になるし、ホテル滞在の意味がない。
浮気は・・・

 「こんな小さなホテルで、みんなあなたのこと知ってるのに、
 他の男を連れ込むほど私は根性ないし、そんな女だったら、
 みんなはあなたをもっと、憐みの目で見るでしょう?(笑)」


と言ったら、夫はさすがに納得しながら笑っていたが。

ホテルの前まで送ってくれ、名残惜しそうな夫に、

「寄っていく?」と聞いたら、

「いや。今日は帰るよ。じゃないと朝までいちゃいそうだから」

と、泣かせる事を言う事もあった。
 

そんな私を受け容れてくれたのは、夫の優しさでもあると思うし、
アンネがそういう私のポリシーを理解してくれ(外国人には通用しない、
日本人独特の感覚かと思っていたが)
「ジェイダは真面目な信頼出来る女性ね」
と、言ってくれたらしいのだ。
そう言われたら夫も「そういうジェイダのまま」いさせてあげたいと
思ってしまうだろう。

奔放な家柄。だけど、息子の恋人には、同じ奔放さは
求めていないということか。
(※仮に、奔放であったとしても、否定はしない家だとは思う)


ホテルマンも、どんなに遅くなっても泊まらずに必ず帰っていく
夫に、ちょっと同情の色を示していたに違いない。
いつかは声をかけてくれ、夫が

「婚約か、結婚しない限り、僕は彼女と一晩過ごせない(笑)」

とボヤいたら、ホテルマンが「そういう外国人女性はいない。いいことだ」
と、慰めて?くれたらしい(笑)。
そこらへんはやはり、基本はイスラムの国なのだなあと思う。


そのせいか?夫は早く私と結婚しなくては・・・と思ったり、
トルコ滞在中は一緒に旅行に出たがったり、
私が行くより、自分が来たがったのだと思う(笑)。

結婚後、定宿にしていたホテルにも挨拶に行ったが、
とても喜んでくれ、 「結婚後もたまには泊まりに来て。
スイートを用意するよ!」
と祝福してくれた。

「こちらのお客様も、今後はお泊り頂けるんですよね?(笑)」

と、ホテルマン。

「勿論です!でも、いつもの癖で、夜中服を着て、無意識で
帰ってしまうかも。
その時は止めてね :p」


といったら、皆、大笑いになった。

更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-10 12:42 | İstanbul'dan
余裕あるフリごっこ
遠距離恋愛中、夫は私にweb上でエッチな要求も、
あやしい行動もとらなかったが(笑)、それはなんだかんだいって、
比較的頻繁に会えていたからではないかと思う。

そして、夫の家はオープンだったので、結婚前に同じベッドで
眠ることにも何も言わなかった。(ただ、婚約するまでは、
私はホテルや友人宅に行くようにしていたが)

空港に到着して、携帯のスイッチを入れた瞬間から、夫からのメールや、
電話がうるさい。

「もう待ちきれないよ」
 
 「今やっと飛行機から降りたとこだよ」

「今どこ?外のカフェにいるよ」

 「まだ、入国審査で並んでる」

「両替はいいから、直ぐに出てきて!」

 「荷物、まだ出て来ない!」



車に乗ったら乗ったで、しばらくはハグとキスの雨で
離してもらえない。
で・・・夫は出来れば家に行かず、ホテルでしっぽりとそのまま過ごしたいのだ。
でもそうもいかないので(笑)、家族が待つ家へ。

アンネやババに挨拶をして、お土産を渡して、おしゃべりを楽しむ。
とっても楽しいが、夫は笑顔の下でソワソワしている(笑)。

そんな本音が見え隠れするのか、私がイスタンブルに着いた初日は、
アンネもババも、「疲れてるだろうから」と、早めに寝かせてくれる。
・・・たぶん、それは息子や私を早く2人きりにしてあげようと、
気を遣ってくれていたのだろうと思うけれど。(^^;;。

で、いざふたりでベッドの中に入ると、つい嬉しくて
色々いろいろ話込んでしまう(笑)。

勿論、お互い早く抱き合いたい!という気持ちもあるのだけれど、
逆にそれがすぐ実現可能な状態になると、それまでの「間」を楽しむ
余裕が出て来るというか、
話したかったこと、確認したかったことを、
今、目の前にある、生身の相手の口から、聞きたくなるのだ。

カメラからは解り得なかった瞳の奥。

懐かしい夫の香り。

そして・・・くすぐりに弱い夫をくすぐると、
大笑い&大暴れをする。
その取り乱しようが面白くて、やめられない(笑)。

意味不明な言葉をわめきながら、夫がベッドから転がり落ちた時は、
静かな夜に、けっこう大きな音が響いた。
本人も、痛がりながらもベッドの下でまだ笑っていたが、
アンネやババにきっと、

「おや、ずいぶんと激しいのね・・・」

「まあ、若いふたりが久しぶりに会ったからね
生暖かく見守ろうか(← それは言わないだろう?(笑))


などと、言われていたに違いない・・・。

最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング
  ☆今日もありがとうございます☆

[PR]
by bizim | 2011-09-08 22:34 | İstanbul'dan
夫とはしない、私の楽しみ
私と夫は、旅行をすると好みが全く合わない。

私は、盛り沢山な旅行が好きで、周遊派。
対し夫は、リゾート地など1箇所でまったりしたい派。

ホテルは安全で清潔であれば、安い方がよくて、
その分おいしいものを食べたり、何かを買いたいのが私。

ホテルは一番大切で、その地域で1、2番目の寛ぎ最上級の
ホテルが好きというのが夫。

ホテルのプールサイドで本を読んだり、何もしないのが夫流。
本読むなら家で読むし、何もしないなら旅行に来た意味がない!
が、私流(笑 貧乏性ですねー)。
*いや、それもいいのだけど、もっとおばさんになってからかな。
と、思っているので。



遠距離を続けていた頃、夫とトルコを回った事がある。
私が東部をどうしても観たいと言ったら、「心配だから」と、ついてきた。
が、夫の本心は「東部なんか危険な所に行かないで、アンタルヤ
あたりでふたりでのんびり過ごしたい」
だった(笑)。

ホテルは、大都市はいいけれど、東部の小さな街では、
夫が満足するようなホテルは皆無(笑)。
特に水周りがイマイチで、(夫からしたら、イマイチどころか完全ダメ出し(笑))
落ち着かず、イヤそうだった(笑)。

 「こんなのタオルじゃないよね」
 
 「ホテルマンの質が最低。君の事じーっと見てるし(怒)」 ←日本人が珍しい

 「なんか臭い!」


とか、文句ばっかり言っていた(笑)。

年取って貧乏旅行はキツイが、この年齢だったら、支出にメリハリをつけた
旅行は面白いもの。そんな感覚で一緒に世界中の世界遺産を巡れる
人が理想だったが、タイランとは行けそうにないと諦めた(笑)。

エアーの手配は夫がしてくれたので、その他の費用は私が全部払う
つもりだったが(そもそも、私が行きたかった旅行に付き合わせた
格好になったので)
結局は夫が全部払うと言ってきかなかったので、払ってもらった。
実は、そういうのも好きじゃない。
おごられると、自分の意見が言い辛くなる(笑)。
自分のやりたいようにやりたいし、対等でいたいから、自分も最低半分は払いたい。


それ以降は、全て夫にお任せで、ほぼ1箇所長期滞在型旅行ばかり。
それも、苦手なビーチが多くて(^^;。

夫にとって私との旅行は、ふたりの関係をより深くするための手段でしかないらしい。
ゆったり濃密な時間が過ごせることが最大の目的。
なので、ふたりで行った最初で最後の?トルコ周遊は、夫にとっては

「君は、僕との時間を楽しみたいって言うより、
”トルコのあれ観たい!あそこ行きたい!”だったよね」


・・・と、私の、自分への愛情を疑うものだったらしい(笑)。

アタチュルク(空港)別離にならなくてよかった?(笑)。

ロマンチックなホテルで、ワイン片手に愛を語るのもいいかもしれないけれど(笑)、
三流ホテルで、故障箇所をホテルマンなしで直しちゃったとか、
田舎でトラブルに巻き込まれて、へこたれない交渉力を
垣間見たりした時にこそ、私は、心射抜かれちゃう気がするんだけどな~(笑)。

最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

  ☆今日もありがとうございます☆

[PR]
by bizim | 2011-08-01 22:42 | İstanbul'dan
悪魔か天使か? トルコの店員
結婚前、イスタンブルの友人宅に滞在している時、友人と一緒に
近所の小さなスーパーに行った。
店の買い物カゴは汚くて、日本の買い物カゴがいかに清潔で、
実はきちんとメンテナンスされているのだということに気付く。

友人が賞味期限切れの商品を見つけ、レジの女性に
「これ、期限切れだよ」と、渡すと、
レジ同士でぺちゃくちゃおしゃべりをしていた女性は悪びれることなく
それを受け取ると、ぽいっ!と投げ捨てた。
そして、友人に「なにか問題でもあるか?」という挑戦的な顔を向けた。

友人は

「ね。申し訳ございませんのひとことどころか、こういう態度だから」

と、溜め息と共に日本語でぼやいた。

そして、

「だからトルコはダメなのよ!」
「反省ってものが全くないのよね!」


と、その場でブチ切れ!(笑)

間に立っていた私は、愛想笑い(^∀^;)を浮かべて(the 日本人!)
友人を宥めながら外へ出るしかなかった。

友人も、長年トルコに住んで鬱積したものがあったのだろう(^^;。
こうボヤいてわかってくれるのは、おそらく世界中で日本人だけだろうし。
幸い私はまだ住むまでには至ってないので、
トルコが・・・というより、「日本と日本人が素晴らしすぎるから仕方ない」と、
思えているので助かっている。

政治家は低レベルだが、物事のキメ細やかな対応や気遣いは、
日本はぶっちぎりの世界一だと思う。


スーパーといえば、夫とイスタンブルの大型スーパーで買い物をしていた時だ。
たまたま夫はそのとき離れた場所にいて、私がパンを見ていると、
パンコーナーの男が、「日本人か?」と話しかけて来たので「ええ」と答えた。

「ここに住んでるの?」

「まだ住んではいないかな」

「もうすぐあがるんだけど、食事に行かないか?」

何を言い出すんだよ、こいつは。
仕事しろ!


「おいしい店知ってるんだよ」と、言ったところで、
タイランがチャイの葉を持って戻ってきた。

私と男を笑顔で見る。男はバツが悪そうな顔(笑)。

タイランは、背後から私を包むように重なってカートを持ち、
「この女はオレのだ(`ε´*)Dokunma!と、無言のナワバリ主張(笑)。

「パンはパン屋で買ったほうがおいしいよ。行こう」

意地悪いな、タイラン(笑)。
でも、トルコの男たちは仕事中だろうが平気でナンパする。
外国人だと後腐れなく遊べるとでも思っているのだろう。


そういう男もいるかと思えば、スーパーの入り口でドンドルマ(トルコの伸びるアイス)を
おじさんが売っていて、
「わぁ!伸びてる~(〃▽〃)」と、タイランと見ていたら、
注文もしていないのに、おじさんがそのドンドルマを私に手渡した。

タイランがお金を払おうとしたら、おじさんは

「ステキな日本のお嬢さんへプレゼント(* ^ー゚) 」

と、お金を受け取らなかった。
「もうお嬢さんじゃないけど、まあ、いいか(笑)」私がトルコ語でお礼を言うと
おじさんはとても喜んでくれ、別れ際に

「トルコを楽しんで!」

と、言ってくれた。

下心もあるが(笑)、無償のフレンドリーさも持ち合わせている
トルコの店員さんたちだ。

 ↓ お帰りの前に、にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^!
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-07-23 07:28 | İstanbul'dan