"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧
目には目を!
食事の後夫が、

「君の好きなアイスを買って来たよ」

と冷凍庫から出してくれたので、

「わーい!」と早速食後のデザートと思いきや、
なんだか、カップのフタが簡単に開いた。
ちょっと溶けかかった?抹茶アイスクリーム。

もしや?と思って冷蔵庫を開けると、例の緑色のチューブがない。
ごみ箱をガサガサ漁ったら、完璧に中身を絞り出されてからっぽになった
練りワサビのチューブがっ!

 「ちょっとタイラン、これどういうこと?」

なんだか、白々しい顔の夫。
アイスクリームに鼻を近付けると、まさに日本が誇る、爽やかな刺激臭が(笑)!


こいつ・・・抹茶アイスに練りワサビを混ぜやがったな!
仕返しかっ!


スプーンでがっつりすくって、夫の口元に近づける。
私が無言で、「あーんして食べなさいよ。」というそぶりをしたら、
「おなかいっぱい!」のジェスチャー。


私は、思い切ってそれを自分の口に入れた。

はっ━━━(;゚д゚)━━━・・!という顔をした夫。

そして私は夫にキスし、愛のワサビ口移し攻撃!(笑)。
捨て身の荒技!


「わー!やめろ!」


(*´3`)で押し付けるつもりが、溶けたアイスが気管に入り、
思いっきりむせ返ってしまった。
自爆!


夫はゲラゲラ笑っていたが、私が涙目で(ワサビのせいよキッ!と睨んで
無視したら、どこかに出て行ってしまった。
しばらくして戻って来たと思ったら、本物の抹茶アイスを買って来て、
ごきげん伺い(笑)。

でも・・・しばらく緑色のものを見ると、条件反射で鼻の奥がツーン!となりそう。
夫もさぞやトラウマになったに違いない(笑)。


最後ににぽちっ☆と、よろしくお願いします
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-29 22:30 | Tokyo'dan
この愛は、涙なしでは語れない
夫は私のから揚げが大好物。
我が家のから揚げは、立田揚げが標準バージョン。
味付けは、醤油ベースや、しょうが、ペッパー、トマトチリバージョンなどなど。

夫が、「カラアゲ タクサン(*´∀`)b」と言うので聞くと、
マスターや英語の生徒さんたちにも食べさせたいからという。

 「やだよ!マスターなんかプロなんだから、恥ずかしい!」

「でも、皆に持って行くって約束したんだよぅ。」

と訴えるので、朝早起きして仕方なしに作っておいた。


テーブルに、


これはあなた用のスペシャルから揚げだから、誰にもあげないでね❤
(日本語で書くと、ナニゲにダジャレになってる?(笑))


と、小さな包みとメッセージも忘れずに(笑)。


そして・・・

帰宅したら、夫が拗ねていた。


 「から揚げどうだった?」

「みんな美味しいって、大好評だったよ。」

 「それは良かった^^!」


「僕の以外のはね!」

 「きゃーっ!」



夫がいきなり襲いかかって来た。


「君って人は(*`・з・´)!!」 



実は、夫のスペシャルから揚げの中に、練りワサビをたんまり入れておいたのだ(笑)。

何も知らずに夫は、嬉々としてから揚げを食べたらしい。
そして、私の愛と、その味に感動して涙が・・・あ、いや、
ワサビで期せずしてツーン!と涙が溢れ、
無茶苦茶咳込むというオマケつき(笑)。(だったんだって(^^;;)


 「だってぇ~新しく開発した味は、真っ先に、あなただけ
 食べて欲しかったんだもん~(*бωб*)」



と、口から出まかせ(笑)。

キスをして甘えてみせたら、 ゚+。(〃ω〃)。+゚ 静かになった(笑)。

新聞屋か、豆腐屋か?ってくらいに早起きして、から揚げ大量に揚げたんだから、
フツ―じゃつまらんでしょ、フツ―じゃね(笑)。

最後ににぽちっ☆と、よろしくお願いします
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-28 21:54 | Tokyo'dan
平凡な日常が 普段着のあなたが
私はあまりヤキモチを妬かないが、夫が元カノとタンゴを
情熱的に踊った時
と、
大学に見学に行った時に出会った夫の同僚女性に、
ちょっとジェラシーを感じた(笑)。

構内を夫に案内をして貰っている時、彼女、エスラが夫に声を掛けた。
夫は、私に見せていた表情とはまた違ったラフな感じで彼女と話し、
私を紹介してくれた。

とてもキュートな彼女は、フレンドリーな笑顔で、

「ああ!あなたがタイランのmelek(天使)ね!」

と、言ってくれた。
その様子から、夫はエスラと結構プライベートな話もし、
それなりに親密そうな関係を窺わせた。


「なんだよ、からかうなよ(=´▽`)ゞ」

夫を冷やかす、笑顔の((^∀^*))エスラ。


普段着の会話

日常的な雰囲気・・・


「あ、ところでさ・・・」

夫が仕事の話しを始めると、一転、キリリと知的な表情になる彼女。

私が入り込めない分野の話。

二人はテキパキと確認し合うと、「じゃ、また後で!」
と、微笑み合った。


「いい子でしょ?」

夫がニコニコしながら私の顔を覗き込む。

 「うん。そうだね」

お互いに、同僚以上の気持ちは無いことも、見ていてわかる。
エスラも本当に感じの良い人で、いい友達になってくれそうな気がする。
でも。。

「・・・どうかした?」

毎日・・・
普段着の夫、私の知らない夫に会えるエスラにジェラシー(*`ε´*)。

だって・・・
私たちの「また後でね!」は、数ヶ月後だ。
それは普段着じゃない。

お出かけ、よそ行き、特別な夫だ。


 「タイランは、どうして彼女と付き合わなかったの?」


何を言い出すんだろう?私は。


「え?なんか疑ってるの?」

 「そうじゃないけど・・・」

「それは、君と何故付き合ったの?というのと同じことだよ」

 「?」


「必然ってこと。
エスラはただの同僚。君は、僕の人生のパートナー」



そう言って微笑んでくれた夫の笑顔を、
今でもはっきり覚えている。

ホントは、「エスラに見せたみたいな、普段着のタイランも欲しい!!」
って、言いたかったけれど、それはいつかきっと、私のものになるよね?
だったら、私だけに見せてくれる特別なタイランを、今は楽しもう・・・
そう自分に言い聞かせた。

そして今・・・
寝ぐせのついたアタマでマクラと目覚ましを抱きかかえ、
背中丸出しで爆睡したり、
真夏のお風呂上りにパンツ姿でうろうろする
普段着過ぎる夫をイヤというほど・・・・・(笑)。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-27 22:30 | Tokyo'dan
余計なことを・・・
夫はお寿司が大好き。

最初、ひとり1万円ちょっとくらいのお寿司屋さんに連れて行った。
その次は、人気の回転寿司屋に連れて行ったら、
お寿司がぐるぐる回って来るもんだから、大喜び(笑)。
見て選べるし、外国人にはやっぱり、回転すし?!

それ以来、お寿司は

「オスシ マワルホウガ スキネー(*´∀`)b」

と言っていた。

うふふ。安上がりなヤツ♪

と、ほくそ笑んでいた。


が・・・
この間、父が寿司好きなタイランのために、お寿司屋さんに
連れて行ってくれた。
そこは、某有名店。
お品書きも、値段もない。
いわゆる、「時価」ってやつですよ(;・∀・)。
スポンサーがいないと、とてもじゃないけど入れません。
自腹じゃ、値段が気になって食べた気しませんしね(笑)。

父親曰く

「回転寿司なんか寿司じゃない。本物を食べなきゃ」

とのこと。
すんませんーーー。
回転すしとか、ちよだ寿司とか食べさせてますぅ~(笑)。
だって~本人が、回る方がイイって言うし~。
それに最近の回転すしって、結構おいしいんだよ~。
と言ったけれど、無視する頑固オヤジ(;´-`)。

タイランが私に、

「ココ オサラナイ。ナニデ ネダンワカリマスカ?」


 「ぶっ!」


恥ずかしいこと日本語で言うなよぉぉぉ!

夫に、これからの会話はトルコ語でするように命令(笑)。
まわる寿司ばかりに行っていたため、夫は「皿のない」寿司の事を
すっかり忘れてしまっていた(^^;;。

 「ここはね、値段がないのよ。あるけど、秘密なの」

「なんで?!」

 「ふふっ。人を見て決めるのよ(笑)」

「じゃあ、貧乏っぽくしたほうが安くなる?(笑)」

 「どうかな~。タイランが美味しそうに食べると、板前さんも
 喜んでくれるよ」



私は夫に、寿司は出されたらすぐに食べる。
箸が無理なら手で掴んで食べても可。
醤油をシャリにつけない。

と、教えていたので、夫は言いつけを守って食べていた。
そんな夫を、微笑ましそうに見守ってくれる板さん。
父親はシブくひかりもの、
私は白身魚と貝づくし、
夫はまぐろとたまご(笑)。
それぞれに贔屓の品をローテー。
至福のひとときだった。


さすがに、名店の寿司はおいしかったらしく、夫は、

「マタ イキタイ。マワラナイケド スキデス」

などと、ふざけたことを言っている。
ほんとに味わかってるのか~~~ぁ?!

 「父親とあの寿司屋に行くのと、私と回る寿司行くの、
 どっちが楽しい?」


「オトサン ト マワラナイスシ( ´ ▽ `* )ノ!」

即答かよっ!!(-"-怒)


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-26 22:11 | Tokyo'dan
日本、満喫ちう
昨日、日帰りで長野・山梨に行って来たため、
少々、くたばっています(笑)。
夫はまだ爆睡ちう。
b0197607_9105750.jpg
(諏訪大社の日本一の一枚革巨大太鼓)

行きは良かったんですが、帰りは見事事故渋滞に巻き込まれ・・・。

でも、行く先々でとても親切にして頂き、浅草での事なんか
すっかり忘れて、夫も私も、日本や日本人の素晴らしさを再確認。
ほっこり和み、そして、元気を貰えた。

 「今日は、ガイジンさん だから、色々良くして貰えて良かったね(笑)」

とからかったら、笑っていた夫。

夫いわく、良くも悪くも、日本人は日本人以外・・・つまり外国人を
意識し、特別な目で見ている。
でも、それは仕方のないこと(ほかの国と陸続きじゃないため)。
でも僕は、日本人はとても親切だと思うし、自分以外の他者に
敬意を持って接する、とても稀有な素晴らしい人たちだと思う。

トルコ人もそれに近いところがあると思うけれど、欧州なんかで、
良く知りあう前にそういうことはまずない。色々な部分での
差別意識ももっとあるよ。

でも、昨日のおじさんみたいにそれを僕に向けるんじゃなく、同胞の君に
向けるというのは、日本人独特の?ものなのかなあ。
だとしても、ああいう人を僕は許せないし(自分のパートナーを辱めたという意味で)
まだ、

「ガイジンのくせに、日本の女に手を出すな。日本から出て行け!」

って言われた方が理解できるよ(笑)。

と、笑っていた。
夫はカッとして声を荒げたりする人じゃないので、ケンカになるような
心配はしないが、血気盛んなトルコの若い子や、Jだったら、

「なにぃ?」

って言って、ちょっとした悶着になっていたかもしれない(笑)。

b0197607_913468.jpg
(巨木からの木漏れ日。パワーと癒しを同時に体感。)

あのおじさんはきっと、日本から1歩も出たことがないのかもしれない。
私は他の国を旅して親切にしてもらうたびに、
日本に戻ったら、その恩返しをしようと思う。
世界の多くの国の中から日本を選んで、旅に来てくれた外国人に対して。

そして、外に出て知る日本の素晴らしさ。
だからこそ、日本人として恥ずかしい言動をしないようにと
改めて思う。

日本人であることに誇りを持てるからこそ、他国や他者に優しく接する事が出来る。
それこそが、日本人の良さ、プライドではないかと思う。

更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-25 09:17 | Tokyo'dan
残念なできごと
今日、夫が浅草に行きたいというので行って来た。
3連休のためか、物凄い人・人・人!
すっかり人に酔ってしまった。

以前来た時はてんぷらやすきやきを楽しんだが、今日夫は

「担担麺が食べたい」

というので、とある中華料理店に入った。
その店は、どうやら地元の人御用達のお店だったみたいで
観光客っぽいのは私たちくらいしかいなかった(笑)。

それでも、夫の好きな担担麺を食べながら、観光で疲れた
足を休め、このあと、お茶しようか~?
などと話していた。

そして、お会計をして店を出る時、入り口付近の席にいた男性に、
聞こえよがしに

「外人なんかとくっついた女が帰るよ」

と、言われた。
顔を見ると、5、60代の、いかにも下町の、ちょっと品のない
オッサン・・・といった感じの人だった。
向かいには、中年の女性が座っていた。

正直、なんでこんなこと言われなきゃいけないの?
と、気分が悪かったが、ばかばかしいので無視して出ようとしたら、
夫がそのおじさんに向かって、


「アナタハ ココロガビンボウナヒトデスネ。カワイソウ」


と、言った(笑)。

おじさんは、あっけにとられた顔をしていた。

でも、そういう人はぐうの音も出なくなると何をするか
解らないので、私は夫を促し店を出た。
そんな人に関わる時間は、1秒でももったいない。

私たちはトルコ語で会話をしていたので、まさか夫が日本語を
解すとは思いもよらなかったのだろう。

正直、おじさんが私たちに向けた日本語のレベルより、
夫の口にした日本語の方がテクニック的には上級者だと思う(笑)。
そう思ったら、可笑しくなった。
「貧乏」という表現は「貧しい」と言いたかったんだろうけれど。


私たちは、店で大騒ぎしたり、べたべたもしていなかった。
服装だって、ごく普通の格好で・・・派手だとか、露出が多いとか、
そんなふうに外人呼ばわりされたり、外国人だからと
やみくもにすり寄るバカ女呼ばわりされる筋合いは全くなかった。

それに、そんな失礼なことを言う男に何も言わない連れの女性も
どうなの?って思った。
タイランがもしもそんなことを言ったら、私はその場で間違いなく
注意し、その女性たちに謝罪するし、タイランにも謝罪させる。
そもそも、そんなこと言うはずもないけれど(笑)。

おじさん的には、私を外国人にうつつを抜かす恥ずかしい日本人女と
思ったのかもしれないが、そういうおじさんも、
私からしたら相当恥ずかしい日本のオヤジだ(笑)。

外国人観光客が沢山訪れる浅草で、何か面白くないことも
あるのかもしれない。地元の人間からすれば。
それこそ、出会い系で出会った騙され女と思ったのかもしれない(笑)。


タイランも憤慨していたが、

「どこにでも、ヘンな人はいるよね。
でも、あのオジサンは、ジェイダの事がタイプだったけど、
ガイジンといたから、面白くなかったんだよ。
僕に言えないから、君に言ったんだね」


などと、トルコ人らしい解釈をしていた(笑)。


浅草、好きだったのにな~。
ちょっと、印象の悪い街になってしまった・・・。
そう思うと、「そこにいる人の印象」って、
大きいんだなあと思った。

夫は、「だからといって、日本や日本人を嫌いになったりしないよ」
とは言ってくれたけれど・・・。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-24 00:15 | Tokyo'dan
愛のタイフーン
台風の日、何を思ったのか夫が会社へ迎えにやって来た。
勿論、「迎えに来て」なんて、口が裂けても言っていない。
皆が急いで家路に向かうなか、逆行して出てくる奴(笑)。

 「どうしたの?私、まだ仕事終わってないよ」

「大丈夫。待ってるから」

も~~~!
待ってられると思うと、落ち着いて仕事出来ないよ!!


そして・・・なんとか、帰宅難民にならずに済んだのだけれど・・・

カフェのマスターのところに行っていた夫は、台風上陸の情報を得て、
いてもたってもいられなくなったらしい。

「この間の震災の時みたいに、君が戻って来れなかったら
どうしようかと思って・・・。
だったら、どこでだろうと一緒に居た方がいいと思ったんだ(*´∀`)」


家でおとなしく待っていればいいものを、バカじゃないの?
と思ったけれど、そのキモチが嬉しかった。

・・・・・びしょ濡れになったんだね。

髪の毛が、シャワーを浴びて、乾いた後みたいになっていた・・・・・

(´・ω・`)ヾ(・ω・*)イイコイイコ



私たちが帰っていく後姿を見た会社の子が今日、

「ジェイダさんを守るようにして歩いてたダンナさんの姿が
印象的でしたよ~。なんだか泣けて来ました(´;ω;`)」


彼女は独身だけれど、それを見て急に結婚したくなったらしい(笑)。


その夜、我が家でも愛のタイフーンが上陸・・・
と言いたいところだったけれど、夫に「台風一過」という
言葉を教えて勉強会。

 「私ね、子供のころずっと『台風一家』だと思ってたのよ。
 台風のファミリーね。だって、台風のこと、1号、2号とか言うから。
 バカでしょ?(笑)」


「・・・一家だったら、アメリカみたいに『キャサリン』とか、人名をつけるんじゃ
ないの?それは単に機械的なナンバリングで・・・・」




・・・冷静に、人の過ちの、さらに傷口をえぐる奴。


ソイル家の愛のタイフーーーンは、たった今、
温帯低気圧に変わりました(笑)。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-23 05:49 | Tokyo'dan
いい迷惑?
弟から、

「姉さん、実はタイランと出会い系で知り合ったわけじゃないよね?」

と、電話があった(笑)。

 「違うよ(笑)」

「そうだよな~。facebookだって、登録したままで放置の
面倒臭がりの姉さんがまさかな(笑)」

 「わざわざ登録して探すとか、性格的にムリ(笑)」

弟は、例の米・サンディエゴ日本人女性遺体事件のニュースを見聞きし、
そういえば、私たちの馴れ初めを聞いていなかったと
今更ながら気付き、まさか・・・出会い系?と(笑)
(っていうか、馴れ初め、話した気がするんだけど・・・・・・・・)

 「タイランもほぼソーシャル系やんないし、あの怪しいタカリ旦那と
 一緒にしないでよ!それにあんなデヴで不細工じゃないし(怒)!」


「いや、外見は似ても似つかないし、それに、たかってるのは
姉さんの方だしな(笑)」

 「たかってなんかないわよ!だいたいさ、あんたも人を疑ってる暇あったら、
 婚活登録でもして相手を見つけたらどうなのよ?
 いくらなんでも、あのアメリカ人夫より、アンタの方がマシだもんねえ(笑)」


「冗談よせよ。誰が出会い系なんか。
それにあれは外国人を狙ってる人が登録するサイトみたいだよ。
僕なんか、お呼びじゃないよ。
それより、姉さんの写真使って登録して、どんなのが寄って来るか
やってみようかな(笑)」

 「タイランに見つかったら大変だし、絶対やめてよね!
 アンタこそ、カタコト日本語の外国人のフリしてみれば?」


「この純日本風の顔で、いったいどうやって外国人のフリしろって言うんだよ。
無茶苦茶言うな~(笑)」

 「いや。テキトーに、日系ブラジル人とか。カルロス・Sとかどう?」

「おやすみ」


切りやがった・・・。


出会いの方法は人それぞれだと思うけれど、本気で好きな女に男は
「お金を貸して」とは絶対に「言わない」のは世界共通なんじゃないかと思う。
(少額の寸借ならいざ知らず ← わざと寸借詐欺もいるけど (笑))

万が一、本気で好きなのに言ったとしたら、だらしない&いい加減な男だ。
そんな男は、どんなにイケメンでも願い下げ(-"-怒)!

夫なんか、「これ、どうにかして('・_・`)」と、貯まりにたまった
小銭の山の置き場に困り、
人に押し付け・・・いや、くれるんだから!(←怒ってる? (笑))

最後ににぽちっ☆と、よろしくお願いします
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-21 22:47 | Tokyo'dan
「接吻しましょう」
寝るのは面倒臭くても(笑)、kissは大好き(*´3`)。
・・・という女性は多いのではないかと思います。
b0197607_2224841.jpg

私も、そのひとり・・・( ´艸`)。

それも、deepなものより、軽すぎず、重すぎず・・・っていうのがいい。

顔を近付け・・・相手の瞳の中の自分や、長いまつ毛や、
表情を楽しんでから、頬や、唇の質感を感じて。

私は、夫の首の後ろに腕を回すか、
抱き付いて脇の下から肩に手を回す事が多いのだけれど、
その時は胸板の感触と、肩のゴツゴツした骨と筋肉の感触を
楽しむのも忘れずに(笑)。

kissの相性が合わない人って、付き合っても上手くいかない気がする。

夫は、kissが上手いと思う。
・・・というか、私の好みのkissってだけかもしれない(笑)。

ムードを盛り上げて甘~いkissも得意だが、唐突にがばっ!っていう、
kissもして来たりする(笑)。
一度、ソファで夫はkissを狙っていたらしいのだが、それを知らずに私が
急に横を向いて笑いながら話し掛けたために、歯で夫の唇を切ってしまって
流血事件になった事がある。
幸い、大したことなかったけれど。


私は、首筋にkissをされると、夫がくすぐられて大暴れするのと同じくらい
やばいのだが(笑)、夫が私を押さえつけて、攻撃して来た時、
両腕が抑えられていたために足をバタバタしたら、大事なところに
一撃がhitしてしまい、夫、呻った後、しばらく声が出ない事件なんかも
あった(笑)。

生傷が絶えない?夫だが、私の膝枕で、チュッ(ε` *)chu♪
と、されるのがたまらなく好きらしい(笑)。
でも、得意の耳かきはさせてくれない(怖くてイヤとか)。
つまんないの~。。。

そんな夫は、最近またやたら面白がって

「セップン シマショウ(*´3`)」

という(笑)。おねだり上手?

更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-20 22:30 | Tokyo'dan
出会いのころ・・・
Jが夫と引き合わせてくれてから私が帰国するまでの数日間、
私たちは、気付けば毎日会っていた。

ドライブに連れて行って貰って、長時間車という密室に一緒にいた
こともあったけれど、結局、初めて触れ合って、キスをしたのは
最後の夜だった。

夫は・・・キスをしようと思えば、いくらでも出来るタイミングはあったはず。
そして、それを私がたぶん、拒まないだろうということも、
解っていたはず。

実際、車や、バーや、別れ際のちょっと暗い路地で、なんとなく、

「キスをされるかも」

そういう視線や、空気を感じた瞬間はあった。

時間と言葉を重ねて、「ああ、この人のこういうところがステキだな」
「あ、同じだ!」とか、「へえ。そういう考え方するんだ」と、
共感や発見をして、少しずつ距離が縮まって行った、
とても濃密だった時間。

でも、指一本私に触れない夫の、心の中が読めなかった。



 「出会って、帰国するまでデートを重ねていた時、
 最後の夜まで、指一本私に触れなかったよね。」


「そうだったっけ?(笑)」

夫はわざととぼけていたけれど。

 「・・・キスしようと思ったら、出来るチャンスあったと思わない?」

「チャンスはあっても、成功するかどうかまでは
わからないだろう?(笑)。
キスってただ単に唇を重ねるんじゃなくて、
”お互いが”心を重ねるものだしね」


夫からすれば、最後のあの夜まで、私がキスを許してくれるとは
思えなかったらしい。

そんな鉄仮面なのか?私(笑)。


 「わざと、じらしてるのかと思ったよ('ε`*)」

「んーーそれもあったかな(笑)!」

 「えーーー!!
 そうなのーー?いやらしい~~(恥)!!」


私がクッションで力任せにバンバン叩いたら、

「なんだよ。ウソ、ウソ。痛いな!
僕はそんなに手の早い男じゃないんだよ。知ってるだろう?」



知らねーーよ!!ヽ(`Д´)ノ


 「遅くもないよね?だってその最後の日に、しようとしてたじゃない!」

「でも、しなかっただろう?(笑)
ちゃんと君の意向に合わせたじゃないか。
普通の男なら押し切ってるよ」


夫曰く、私は絶対に押し切られない、自分の意思を貫徹する
タイプだと思ったので、深追いしなかったらしい。
鋭いかも(笑)。

「っていうか、びしっ!と断られるのが恐かったんでしょ?」

 「ハイ ソウデス(笑)」

ナニゲにプチ草食系?(笑)。

更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2011-09-19 20:05 | Tokyo'dan