"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧
だって オトコだもの オンナだもの
結局私は自分のセンチメンタル(笑)で、夫のせっかくの約束を
キャンセルさせてしまう事になってしまったが、
当の本人は嬉しかったらしい。

「だって、君がそんなふうに甘えてくれるなんてそうそうないものね017.gif

b0197607_22225527.jpg
       よく見ると、"tango"になってるんですよ :)

昔の恋人にもよく言われた。

君は僕を束縛しないし、趣味を邪魔しないで行っていいよと言ってくれる。
それはとても嬉しい。
だけど時々、土日は私以外の予定を入れないでとか言われてみたい。



人はないものねだりだから、そう言われたら、自由が欲しい!と
思うんじゃないの(笑)?


と返す可愛いげのない私。
相手は「そうだね」と、諦めにも似た愛想笑いをするしかない(笑)。



よく見ると、まだら塗りな白い顔ですましている夫が、

「でもいいんだよ」

と。

 「何が?化粧したこと?(笑)」

「そうじゃあなくて(笑)」

「こんなふうに甘えてくれる君も、泣き言いわない君もね。
どちらでもいいんだ。君がやりたいようにすれば。
そのどちらでも僕は受け止めるよ」


 「ありがとう。
 私も、白塗りのあなたを受け止める(笑)」


「ありがとう(笑)」

お互いゲラゲラ笑ったが、夫の男前な言葉に、
(当たり前だが)夫は男なのだなあと感動した。

例え現実は受け止められなくても、ハッタリでも(笑)
そう意思表示をしてくれる事が嬉しい。


夫がカメラに近付き、キスを(*´3`)催促。
気持ちとしてはサイコーに女っぽいキスをあげようと思ったが、
ますます、まだら塗りが鮮明になり、吹き出してしまった。


 「顔が変ーーー!(笑)」


笑い転げてキスどころじゃなくなった私に、


「白塗りを受け止めるって言ったのに( ,,`・ ω´・)」


と、恨み節の夫。

だって、女心は変わり易いんだもんね(笑)。


お帰りの際に、ぽちっ☆と、して頂けると嬉しいです!^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-31 22:31 | Tokyo'dan
君 恋し
私以外とはタンゴを踊れないため夫は、以来テニスやゴルフ、
マウンテンバイクとアウトドアスポーツにはまっている。
最近はヨットにも出掛けて既に浅黒い。

そんな夫を見て、一緒に過ごしたイスタンブルや
東京での夏を思い出した。

そして、私の知らない時間を「日焼け」という形で見てしまった
淋しさもひっくるめて、
珍しくどうしようもなく夫が恋しくなってしまった。

電話で声を聞いた途端、うるっと来た。

「どうしたの?泣いてるの?」

夫の声の後ろには、学生たちのざわめきが微かに流れている。

 「ごめん。大丈夫だよ。でも、凄く淋しい」

「僕も淋しいよ。会いたい」

 「こっちはもう夜だよ。
 そっちはこれからだね。今日、飲み会なんでしょ?」


「そうだよ。
でもいいよ。キャンセルして家に戻ろうか?」


 「キャンセルしなくてもいいよ」

「会おうか?」

 「・・・・・・」


「会おうよ」



いつもと様子の違う私を心配してくれ、
夫は約束をキャンセルしてカメラの前に来てくれた。

なんとなくモヤッとした言葉に出来ない淋しさを
夫の日焼けを引き合いに吐露すると、
「それで?」と、うんうん聞いていてくれた夫が
「ちょっと待ってて」と、部屋から出て行った。

湿っぽくて嫌になったのか?
と思っていたら、夫がしばらくして戻って来た。

顔を隠している。

???

カメラの前で、「これでどう?」と、見せた顔は・・・

(;゚д゚)ェ. . . . . . .


白かった。

ファンデーションを塗っていたのだ。


「これで、時間は戻っただろう?(笑)
君の知ってる僕だよ」


ヾ(≧∀≦ )

 「タイラン、キレイ(* ´皿`)!」

と、からかったら、夫は笑いながらタバコをふかし、

「よせよ (。・`ω・。)y─┛~」

と、ちょっとキレていた(笑)。


↓ ・・・応援ぽち☆をよろしくお願い致します! ^^ ↓
 
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-30 23:06 | Tokyo'dan
ありがとうございます!
昨日は愚痴っぽくなってしまってすみません040.gif
でも、沢山の励ましありがとうございます!
皆さんも同じような体験されてるんですねヽ( ´ー`)丿。

誰かと旅行に行く場合、お互いお金も時間もやり繰りして
楽しみに行くわけだから、お互い疲れず、
なるべく不要な気遣いはしたくない、して欲しくないですよね。

前に、絶対幹事をしない人が言っていたのですが、
「仕切るのが好きな人にやらせてあげてるんだ」、と。
中には本当に全部自分がやりたいようにしたい人もいるかもしれないけれど、
やりたがってると勘違いされている、してる場合もあるんだなあと
気付かされたことが。

私はそう思われたくないからいくつか振ったけれど
伝わらなかった模様(笑)。

いずれにせよ、彼女とは泊まりがけの旅行には
行かない事にしました(笑)。


ちなみに夫は

「ジェイダと一緒なら、どこでもなんでもいいよー」

といいつつ、あそこ行こうよ、これ食べたいとか言います(笑)。


何でもよくないんじゃないかよっ!


でも、ちゃんと言ってくれる方がいいので助かります(笑)。
なんでもいいって言われるのが一番困る。

わりとサクサク自分で決める私が聞いて来るというのは、
万策尽きたか、あなた決めてよ
って事だと察して欲しいのが本音(笑)。

「私、いつもお友達に任せちゃってるわー。
でも彼女はきっと仕切るのが好きなんだし、
私より詳しいからー」


という方、是非、積極的に分担してあげて下さい~ヽ(*^∇^*)ノ。
言えないだけで、「たまには手伝って欲しい!」と思って
ストレス溜めてるかもしれないので~(笑)。



夫はおだてれば調子に乗ってイロイロやります(笑)。

夫との旅行で唯一嫌なのは、乗り物で座っているとき、グリグリ
私のスペースに押し寄せてくること(笑)。

あと例えば、飛行機で3席空いていた場合、真ん中を開けて
お互い広く使うとか、バスだったらお互い2席ずつ使って
左右に別れるとかしたい私。

そうすると夫は恨めしそうな目で見たり(¬ω¬ )、拗ねる。
追いかけて来ることも(笑)。
夫の方が体温高くてアツいので、

「夏は暑苦しいの!ヽ(´・д・`)ノ」

そう言った時の、捨てられた仔犬のような悲しそうな目が(。´・(ェ)・)
今も忘れられない(笑)。

公共の場でベタベタされるのは苦手なのだけど、家ではベタベタ(笑)しているので大丈夫デスよ( ´艸`)


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-29 23:03 | Tokyo'dan
男旅行でスミマセン
今、旅行から戻りました!

泊りがけの旅行って、やっぱり相性と言うか、
合う、合わないがはっきりしますね。。。

私も、今まで一緒に旅行に行っていた友人も、
たとえば旅行の計画から予約、食事の店や行きたいところ、
それぞれが分担して決めたり、ちゃんと調べて
自分の意見を言ったりしていました。

つまり、相手や、誰か一人にすべてを任せるのではなく、
皆が互いの負担を考えつつ分散・・・って感じだったんですね。
だって、みんな忙しいのは同じなのは解っていますしね。

でも今回の友人は、エアーを探して手配するところから、
何から何まで、ぜ~~んぶ私任せ。
例えば、自分が食べたいのでいいからと食事の店探しを頼んでも、

「情報が多すぎてわかんない~」

で、終了(笑)。
旅行中は旅行中で、「あと何駅?」とか、「これなに?」とか、
自分で調べようともせず、なんでもかんでも聞いて来る。
それもかなりしつこくて(笑)。「子供かっ!」
で、旅行のおいしいとこなんかは自分が先にとっちゃったりして、
面倒なことは全部私に(´-∀-`;)。

旅行以外ではそんなことないのに、ちょっとびっくり。
正直、「私はあなたの専属ガイドじゃないぞ!」と(笑)。

24時間以上、数日一緒に居ると、合う、合わないがはっきり
わかるし、その人の本質が見えて来ますね。
疲れて来た時なんかは如実に。

いつもの友人同士だと、買い物や観光でお互い
見たいものが違った場合、

「じゃあ、ここで1時間後に集合ね!」

とか、私はマッサージ、連れはショッピングとか、融通を利かせて
常にべらべったりっていうのはないのだけれど、今回の彼女は
とにかくべったり一緒に行動したい派のよう。

でも、自分が見たくないものの時は不機嫌そうだったので、こちらも
気を遣うしで、しばしの別行動を提案。
でも、「迷子になったら困るから」と、お流れに。

きっと、女性同士の旅って、普通はこうなんだろうな・・・と。
いつも一緒、朝の支度にも1時間以上かかるとか(笑)。

そう考えると、別行動ありまくり、朝の用意も、直ぐ出る、
夜も素早い行動で直ぐ寝る。
疑問や少々の事は人に頼らず自分で調べる、
解決する、それでもだめだった場合になってから助けを求める。
臨機応変に。
意見を聞かれたときに、「なんでもいい」と言わない。

・・・という旅行スタイルの私たちの方が、
ちょっとフツーじゃなかったのかな(≡ε≡;)
と、思った(笑)。

男旅行ね(´-∀-`;)。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-28 23:07 | Tokyo'dan
タイランの見た日本 その3
旅行中のため留守にしています。
自動でエントリをあげているため、コメントを頂いていた場合、お返事ができません。
今しばらくお待ちください。すみません040.gif

夫は見た(家政婦かっ!)シリーズ3です。


すっかり日本に魅せられた私だが、疑問に思ったり、
考えた方がいいのでは?と思った事もいくつかあった。
(注:かいつまんでいるので、ちょっとバラバラとした感じです。
すみません)

ひとつは、男女ともにあまり個性が感じられないこと。
日本の若い女性は、メイクやファッションにとても気を遣い、
身綺麗にしていると思うけれど、正直どの子も同じに見えてしまった。
みんな同じような髪形、ファッション、メイク。

若い男性も後ろから見ると女性と見分けがつかない事もあった。
日本の女性は、本当にあのような華奢で中性的な男性を
望んでいるのだろうか?

また、話してみると、大学に行く目的や、人生の目標が曖昧で、
自分の国に対しても、否定的に見受けられた。
恐らく、私が外国人のために、日本人の気質として
謙遜するような言い方になってしまったのではないかと思われる。

あとどうしても馴染めなかったのは、日本の家の狭さ。
妻のマンションは、日本で3~4人家族が暮らせる広さらしかったが、
窮屈に感じた(天井が低いから?)。

イスタンブルの家が恋しかった。
国土が狭い上に人口が集中している都市部では、
仕方のない事なのだろう。



次回はたぶん最終回。そのほかもろもろピックアップして
総括的にお届けできればと思います( ´ ▽ ` )ノ。


↓ ・・・応援ぽち☆をよろしくお願い致します! ^^ ↓
 
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-27 00:05 | Tokyo'dan
タイランの見た日本 その2
夫の見た日本と日本人観、その2です・・・



皆さんは日本や日本人にどんなイメージをお持ちだろうか?
勤勉、清潔、テクノロジーが発達、親切、
そのどれも正しいと思うけれど、私が日本に行って驚かされたのは、
サービスの質が素晴らしいということ。
世界一と言っても過言ではないと思う。


まずスーパーに行けば、レジの人がこちらを向いて、
わざわざ動作を一旦止めて笑顔で

「いらっしゃいませ」

と言ってくれる。

雨の日は紙袋にビニールのカバーをつけてくれたり、
沢山荷物を持っていればひとつにまとめてくれたりする。
最後は必ず

「ありがとうございました」

と丁寧にお辞儀をしてくれる。

そして飲食店では、閉店時間が来ても客を直ぐに
追い出したりしない。
電車など交通機関はこれ以上ないほど時間に正確に
機能しているにもかかわらず、
閉店時間はゆるやかなのだ。

コンビニエンスストアに行ったときは、お釣りをもらう際
店員の若い女性が僕の手の下に彼女の手を添えた。
一瞬、手を握られるのかと錯覚したが、
僕の手からお釣りの硬貨がこぼれ落ちないように
してくれたのである。
(中略)


日本人のきめ細やかなサービス。
日本にチップの習慣があったなら、私は喜んで
散財するしかない。

2020年のオリンピックに、Tokyoも立候補しているが、
この日本のサービスのノウハウはistanbulにとって
脅威となることだろう。
もちろん、わがistanbul開催となって欲しいが、
あの日本の卓越したサービスを、世界中の人々に体験して
欲しいという気持ちもあるのだ。

(つづく)


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-26 00:21 | Tokyo'dan
タイランの見た日本 その1
夫が日本について所感を綴ったものがとあるものに掲載されました(笑)。
(超内輪ちっくなものですが)
その中からかいつまみ、何回かに分けてご紹介したいと思います。



幼い頃から私は、日本という国に漠然とした憧れを抱いていた。
トルコの国土の半分にしか満たないこの国は、大国ロシアを撃破し、
二度にわたる被爆にも負けず、経済大国となり、
他に類を見ない美しくも独特の文化を持っている。
そして、我が国とも切っても切れない友情で結ばれている。
(恐らく、エルトゥールル号のことかと)

遠くて近い国、日本。


そんな日本は思いがけず、文字通り近いものとなった。
私は日本人女性と結婚をした。
(中略)

日本の女性は働き者だ。
早朝から夜遅くまで外で仕事をし、家事も完璧にこなす。
疲れた顔も見せず、非常に我慢強い。
妻の話では、子育てをしながら仕事を持っている女性も多いという。

日本の強さの秘密は、まさにこの女性たちによるもの
なのではないだろうか。
男と同じ社会に出て対等以上に働き、夫や子供を支え、
女性としても美しい。

私の妻は見た目は日本人に見えないが、内面はまさに
日本人女性そのものだ。
(恥ずかしいので中略(笑))

我が国の女性は日本に比べるとまだまだ家庭内が仕事場という
状況にあると言えるが、
これからは日本のようにもっと、結婚後も社会に家庭にと、
活躍の場を広げて行く女性が増えて行くことだろう。

(つづく)


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-24 22:33 | Tokyo'dan
「君は難しい」
夫に、「君は難しいよね」と言われた。

トルコの女性は、ちやほやして、ベタベタして、
プレゼントをあげれば大抵は気分良くしている。

でも、君は違う。
ちやほやすれば、なんだか怪しんだ目で見るし(笑)、
ベタベタすると、時には僕を遠ざける。
プレゼントだって欲しがらないし、何かをあげると
お返しをしないといけないと思うようだし。

多分君は僕の奥深くを見ていて・・・時には、僕さえ知らないような、
僕の本質を・・・判断している。
それに驚かされたり、感心することも多々あるけれど、
時々、何が気に入らないのか、
何がそんなに君に笑顔をもたらすのか、
分からないことがある。


・・・そうな(笑)。

 「ずいぶん長く語ってるけど、要はこの間なんで私が
 不機嫌だったか、わかんないけど、折れてやったんだよね。
 ・・・ってことが言いたいワケ?(笑)」


「そういう意味じゃないよ(*´゚∀゚`)ノ」



そういう意味だな(笑)。



 「そういうのね、日本語で
 『奥歯にものが挟まったみたいな言い方』
 って言うんだよ」


「奥歯にものがささまった・・・???」

うふふ( ´艸`)。

でも、そんなもの言いが出来ること自体、夫は
実は日本人っぽいってことか?(笑)。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-23 23:01 | Tokyo'dan
ウソ?も方便
夫と仲直りした。( 。-_-。)ε・`*)チュッ キゲン ナオシテネ

話していて、私がオフィスでカッコイイ人を見かけた❤
仕事にハリが出た~(=´▽`)ゞとポロッと言ったら、
それはちょっとした心の浮気だと言われた(笑)。

 「えー。あなただって大学とかで美人見かけたりしたら、
 ラッキー!とか、うっしゃー!とかいって、
 ヤル気出て来るでしょ?」


「ないよ。僕は君と付き合い始めてから他の女性に
そんなこと思った事ないよ」


 「・・・ちょっと、やだ。なに?そこまで言うとうそ臭すぎて
 白々しいよ(笑)」


「ウソじゃないよ。別に何とも思わないんだって。
君を愛してるから」


 「いや、私だって愛してるけどさ、美しい異性に反応するのは
 自然な感情で、愛とか恋とかとは別物でしょ?」


「そんなことないよ。( ,,`・ ω´・)」

 「大ウソつき!それ絶対おかしいよ!ヽ(`Д´)ノ」

「おかしくない。+゚(。`Д´。)゚+。!」

思わず日本語で「すげー信じらんねーソレ!」と言ったら、
「悪い日本語でしょ?それ(`ε´)」と突っ込む夫。

まあいいや。
でも私は、夫が、お尻がプリッ!とした女性の後姿を目で追ってたとか、
巨乳の胸元をチラッ!と見てたとか、
美人を見て、顔が嬉しそうだったとか目撃している(笑)。
本当に白々しいヤツだ(笑)。
仲直りの直後だし、リップサービスのつもりなのだろうか?(≡ε≡;)。


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-22 22:15 | Tokyo'dan
威張る人、エラソーな人について考えてみた
私は銀行員だが、常々銀行員とだけは結婚したくないと
思っていた。(元カレも銀行員だが、性格が銀行員ぽくなかったので(笑))。

何故かと言うと、何かとエラソーな人や慇懃な人が多いからだ。
所詮、人様のお金で相撲を取って食わせてもらっているのに
過ぎないのに、「自分たちは特別」みたいに勘違いしている人が多い。

思うに、高学歴な人や家が裕福な人が多いためか、
常にちやほやされて育って来たので、そうなってしまったのだろうか。

私はもともとは金融畑ではないし、親には叱られて叱られて(笑)
育って来たので、物凄く違和感を感じる。

基本、うちの上司たちは

「俺、私は上司だ。だから部下のお前たちが服従して当然」

という人たちが多い。
わがままだし、理不尽なことも数限りなし。
上に媚びる人がうまい具合に出世するのも常。
「部下の言い分に耳を傾ける」人など皆無に等しい。

それで仕事が出来れば、ついてくる部下もいるが、
仕事もイマイチで「上司」というだけでエラソーにしていたら、
イマドキの部下はついて来ない。
ただでさえ、

「俺らはオマエたちみたいにバブルでテキトーに入って
来たのとは違うんだよ。
物凄い競争の中を勝ち抜いて来たんだぜ」


と、バブル世代の上司を内心バカにしているもんだから手に負えない。


実は尊敬されていないと薄々気付いているもんだから、
上司は面白くない。だから余計に

「上司なんだぞ!言う事を聞け!」

みたいに力で押さえつけようとする。
だから余計反発される。更に高圧的になる・・・。


皆がそれぞれの特権意識を持っているから、ぶつかり合いが凄い。
「負けるが勝ち」ということを知らない人達だ。


プライドを持つことは大切だと思うが、
勘違いなプライドは自分をむしろ小さくするだけじゃないか。

仮にこの会社でトップを取ったとしても、所詮は狭い世界。
日本一じゃない。
日本一になったとしても、世界一じゃない。
後ろを見るな。
上を見ろ。
凄い人は自分の上に山ほどいる。上には上がいる。

それは私が常々思っていることだ。

私が今まで会った凄い人たちは(どの業種にも共通している)
決して高圧的だったり、威張っていない。
謙虚で真摯だ。

「オレは凄いぜ!」

と自己アピールなんかしなくても、ほおっておいても
尊敬されるから
パフォーンマンスをする必要がないのだ。


でも、そうでない(笑)上司のことを考えた時、
私が尊敬していないのとか、
「えーーそのやり方ってどうなの?」と内心思っているのが伝わるから
力技で来るのかな?と。

要は、威張られるにはこちらにも一因があるのかも
しれないと思った。
もし自分が彼、彼女の立場だったら、
面白くなくて同じようにしてしまわないとは、言い切れないかも・・・。


部下は「上司のクセに」と思い、
上司は「部下のクセに」と思う。


これでは、溝はどんどん広がってしまう。
そう思って、最大限歩み寄るようにしたら、上司の態度が
少しずつ変わった。

名字で怒鳴っていたのが、いつしか「ジェイダさん」と、名前で
呼ぶようになり(最初ちょっと気持ち悪かったが(笑))
好意的に見てくれるようになった。
勿論・・・「えっ!!」「(-"-怒)」と思うことも未だ多々あるけれど、
精神的に大分楽になったのは確かだし、

人ってやっぱり面白い!


だけど、

「自分は特別」

そう思っている人たちの根本は、おそらくもう一生変わらないだろう。

だったら、そのささやかなプライドを満たしてあげたっていいじゃない!
その程度の事で機嫌よくいて下さるなら、

「はい、喜んで!」

と、居酒屋で働いてる気分で( ´艸`)。

・・・そんな感じで、今日もいぢわるに、したたかに(笑)。


人間関係で疲れた時、「みんなそうなのね(*`皿´*)ノ!」
そう思って明日も頑張ろう!
金環日食肉眼で直視するよりまぶしいアイツにアタックだ!(←意味不明)


更新の励みになります!最後にぽちっ☆と、よろしくお願いします^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-05-21 22:14 | Tokyo'dan