"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
アッサラーム アレイクム
私と夫は、価値観や笑うところが似ているが、
お互い意見が食い違っても、あまり熱くなることはない。

今回の兵役の事に関しても、私は所詮外様の意見でしかないし
(しかも女だから、トルコ人だとしても自分が徴兵されることもない。
(でも、行ってもいいと思っているけど))
夫は夫で、国を国民の力で守って行く事の大切さは認識
しているけれど、男全員が徴兵されるのはどうか・・・という考えで
それが絶対正しいと言っているわけではない。

お互い、自分の意見はあれど、それを相手に押し付けるつもりはない。
いつも意見が同じなんてむしろ気持ち悪いし、
ムリして調子よく合せようという気持ちもない。
(夫は時々、私に気を遣ってそういう時があるが。
「もう面倒臭い」と言う時とか(笑))

お互いの関係性に関わることなら歩み寄りは必須だが、
特に政治、信仰などに関しては「両者異なるのが当たり前」
という視点でやっている。


トルコ軍は、兵の数で言えばNATO第2位の数を誇る。
軍は政治的にも強い発言力を持ち、世俗主義。
対し今のトルコ政府はエルドアン首相をはじめ、
イスラム色の濃い人たちで、エルドアンが首相になった時、
トルコの友人たちは

「これからお酒も飲めなくなったりとか、公の場でスカーフする人
が増えるんだろうなあ」


と心配していた。
(そもそもエルドアン首相は、「イスラム教万歳!」みたいな活動をして、
投獄されたこともある御仁)

何度か軍がクーデターを起こすと言う噂がまことしやかに
流れたこともあるが、軍や世俗主義者たちはイスラム回帰を苦々しく思いつつも、
エルドアンの外交、政治手腕はなかなかのものなので、
下手に動けないと言うのもあるだろう。

トルコは地理的にも、人種的にも(混血化や、色々な人種が混在することなど)
強い軍や戦力を持って結束、またそれを誇示する必要がある。

対し日本は、自国を守るための徴兵制度を制定しようとしたとしても、
隣国から

「軍国化している」「戦争放棄したのに」「反省していない」

などと、激しい反発に遭う事が予想され、実現不可能だろう。

他国から見れば日本は、普段は「No」と言えない、大人しい御しやすい国だが、
戦いになると小国にも関わらず怖ろしく強いのを知っているからこそ、
他の国々は日本を「腑抜け」にしておく必要がある。


ちなみに、夫をはじめソイル家の人々は、エルドアン首相や
イスラム政党には賛同しておらず、イスラム色が濃くなり政教分離じゃ
なくなることをとても懸念している。
(イスラム教否定ではなく、宗教と政治が一緒になるのがイヤらしい)

信心深いトルコの女性はスカーフをかぶっているが、夫は、

「あれは男のエゴでしょ?僕なんか美しいパートナーは隠さずに皆に
『見て!見て!』って自慢したいけどな(笑)。
でも、他の男が君をいやらしい目で見ていたら、
頭に来るけど( ,,`・ ω´・)」


なんだよ、それ(笑)



でも、夫とトルコの灼熱方面や、サハラ砂漠を旅した時、
砂埃と日焼け防止のためにスカーフをかぶって目だけ出していたが、
誰も私が日本人だと気付かなかった(笑)。
夫も「君はやっぱりトルコ人だね(*´∀`)」と、笑っていた。

オフィスでそうやってみせたら、

「うわ~。まさしくイスラム世界の女性に見えますよ!」

「本名『ジェイダ・ムハンマド』で100%信じるね!」


と、皆に言われた(;一_一)。

夫の願いとは逆に、イスラム色濃い私(笑)。


※アッサラーム アレイクム
アラビア語の挨拶だけれど、イスラム色が濃い人はトルコでも使う。
セラームン アレイクム とか。
私がわざと夫に使ったら、夫は驚いて大笑いしていた。
(日本人から見たら、外国人が方言を話すみたいな感覚?)

[PR]
by bizim | 2012-06-30 09:40 | Tokyo'dan
対岸の火事じゃなく
実はここ数日、心配していた事があった。
トルコの軍用機がシリアに撃墜され、一気に両国間に緊張が漂ったからだ。

トルコ側は冷静に、

「戦争はしない」

と宣言したが、撃墜された機体等を捜索に向かった機にも、
シリアは再度砲撃したらしい。
幸いにも今回は被害はなかった。


島国の日本人にはいまいちわかり辛いかもしれないが、
陸続きで不穏な隣国があるというのは、なかなか落ち着かないものだろう。
いくら日本の海域の監視がゆるゆるで、不法入国し放題だとしても。

しかもトルコは兵役があり、有事の時は戦地に駆り出される。
良心的兵役拒否権が法的に認められておらず、
一定年齢に達した男性全員が果たさなくてはならない
義務となっている。
(トルコはNATO加盟国)


兵役に出る前、親類縁者、友人、近所の人達総出でお祭り騒ぎをして
送り出す。
道路でも暴走族みたいにクラクションを鳴らしながら暴走し、
渋滞を巻き起こしていたりすることもあるが(笑)、
皆、兵役へ行く青年を送り出すためと、怒りもせず、
むしろ、国の誇りとして暖かい目で見守っている。
(男性は全員経験者だから、懐かしい気持ちで見ている?)

もちろん、大方の送られる方は好きで兵役に行く訳ではないが、
戻ってくると皆、心身共に見違えるほど逞しくなって戻って来る。
トルコでは、兵役を終えてやっと一人前の男として認められる。
兵役終わってないと女性にも敬遠されるしで(笑)。

もちろん戦争には反対だが、私自身は兵役制度はあってもいいと思っている。
自国について考える良い機会だし、平和の意味、家族の有り難さ、
危険と隣り合わせているからこそ命の尊さにも気付けるだろうし、
苦しいことや逆境を克服する精神力も。
そして、同じ釜の飯を食べた仲間との友情。
これらは何にも代えがたい貴重な経験だと思う。

実際、私の知る限りでは、皆、

行くまでは憂鬱だったけど、行って良かった。

兵役の辛い経験に堪えられたから、今後人生で何が起きても
克服出来るって思えるようになった。

自信や、感謝する気持ちが持てるようになった。


と言い、兵役を前向きに捉えていた。
(こちらは、兵役に行く人のためのケーキ!)


「でも僕はasker(兵役)は反対だよ。」

というのは夫。

「若い貴重な時期に兵役のせいで退職に追い込まれたり、
人生設計が狂ってしまう。
就職口のない人とか、希望者だけにすればいいんだよ。
全員絶対なんて、時代錯誤も甚だしいよ。」

「君の言う、心身の鍛練ならいくらでも他で出来る。」


確かに、大卒は半年とかで終わるけど(しかも、将校候補生扱い)
高卒では18~15か月間兵士として徴兵され、
きつくて長い。
ある意味不公平というか、平等じゃない。

そして、戦争放棄している日本と違い、
トルコでは、「戦争」は絶対に有り得ないことではない。


兵役に関しては意見の合わない私たちだが、
今回撃墜されて亡くなった軍人さんや、
家族の事を思うといたたまれない。

そして、トルコがずっと眠れる獅子のままでいてくれる事を願っている。
[PR]
by bizim | 2012-06-27 22:39 | Tokyo'dan
触発されて
前回のエントリは、日々の他愛のない出来事を書くのが
いけないという意図ではないので・・・念のために・・・。
(そもそも、うちもそうなので(^^; )
ちょっと、誤解を招く書き方だったかな?と
思ったので、
すみません。


昨日、用事を片付けながら、ちょっとひとやすみの
つもりでたまたま見たTVで、羽田美智子と沢村一樹のベッドシーンが。

沢村一樹は好きでも嫌いでもなかったけれど、
思わずそのセクシーなオトナの色気に釘付けに!!(笑)。

クールでキリリとしたスーツ姿の検事の顔と、
情熱的な愛の表現のギャップが見事にはまっていて、


惚れました!


そしてなぜだか、夫が無性に恋しくなって・・・。




カメラの前の夫はラフなシャツ姿だったけれど、

 「ねーー!スーツ着て」と、お願い。

「え?どうして?」

 「いいから!お願いーーー!」

夫は???と、なりながらも、目の前でシャツを羽織り、
ネクタイを締め、
上着を来て、
ちょっとポーズをとった。

「これで気が済んだ?(*´ー`*)ーЭ」


・・・私は、男性のスーツ姿が好き。
(あとは、兵士の格好)

夫はスーツもいいけど、やっぱり白衣と、Tシャツ(または白いシャツ)に
ジーンズが似合うかな。。。

 「ありがとう~。うふふ(*ノωノ)
 今、目の前に居たら、そのネクタイとシャツを脱がせるのに」


私の大胆発言に夫は「お!」という目をした。

とても、沢村一樹様が引き金とは、口が裂けても言えない(笑)。

「目の前に居なくても、脱いであげるけど?」

と、私の挑発に恩着せがましく乗って来たが、
スーツ姿で満足してしまったため、

 「いや、そのままでいいよ」

(。´・д・)エッ! ナニソレ!

脱ぐ気マンマンだったらしい夫。
私に振り回されて、いい迷惑(笑)。

夫も40代になったら、あんな色香が身に付くかしら?( ´艸`)
色気の代わりにムダ肉が身に付いて、
頭髪を失っていたりしてな(最悪なパターン (笑))。
[PR]
by bizim | 2012-06-25 00:25 | Tokyo'dan
土曜の朝に
書くことが好きです。
書くことによって色々な事を昇華したり、発散しているというか(笑)。

書くのは早い方で、まとめてから書くと言うより、頭で考えながら
同時に手を動かしていると言う感じです。
推敲はしません(笑)。
ただ、

起きました。テレビ観ました。面白かった。寝ました。

みたいな文章は書きたくない。
私が芸能人ならそれでも面白いかもしれないけれど、
一般人が、他人に読んで貰う事を考えるとしたなら、
駄文の中にも矜持があって(笑)、オチがないなら書かないとか、
読んだ後と前では何か違う物質が訪問してくれた方の
脳内に残って欲しい・・・
それが、癒しだったり、笑いだったり、驚きだったり、新しい発見だったり、
そんな風に思っていました(一文が長くなってしまいました(^^; )。

だからこそ、ここへ来て毎日それ(書くこと)が続けられなくなってしまい、
私自身、何より残念に思っています。
個人的に、「ダメなこと」の言い訳を書き連ねたくないので、
なんだかもやっとした感じですみません。

でもきっと、ここへ来て下さっている方々は、そういう私の性格を
察して下さっているような気がして(笑)、
勝手に有難く思っています(=´▽`)ゞ。


私がランキングから外れたことを、夫は残念に思ったようで、

「そのままにしておけば良かったのに」

と。

エントリからバナーを外した後も、サイドに置いてあるバナーから
クリックして下さる方々がいらして、
本当にそれは嬉しくて(ありがとうございます(*vωv))。

でも、ランキングから撤退した後、ランキングから
いらしていた方たちが(恐らく)、

「あれっ!なくなってる!?」

って感じで、

「ジェイダ 国際結婚 ブログ」

とか、

「タイラン ジェイダ イスタンブール」

とかで検索して来られる件数がぐぐっと増えました(笑)。
すみません。

でも、某常連さん(だと思われます)、

やりむいすたんぶーる

ではありませんからネ(笑)。 いくらエロい下品な文章があるとしても、
「ヤリ」はご遠慮頂きたい( ´艸`)。お願いしますよ。
そのかわりに、

「ジェイダ かわいい いすたんぶる」

で、検索してください。
わはは!。

夫にそれを話したら、

「僕なんかいつも、『タイラン イケメン』で検索してるよ」

だと。

ウソつけよ!!


でも、そのキーワードでもここがヒットしたから、
なんかちょっとムカツク((*`ェ´))。
[PR]
by bizim | 2012-06-23 09:29 | Tokyo'dan
気まぐれじゃなく
夫からすると、私の言動はサプライズに満ちているようだが、
私からしたら夫には敵わない。

プロポーズは一番のサプライズだったが、それでも
「いつかは言ってくれるのかな・・・?」的な伏線はあったわけで、
全く予想もつかない類のことではなかった。

プロポーズより私をある意味驚かせたのは、
夫のこんな言葉だった。

夫がまだ日本にいて、私の打った鍋焼きうどんを、
はふはふ言いながら食べていた時だ。


仕事リタイアして、子供も手を離れて、ふたりの時間がまたやって来た時、
日本に戻って来てもいいね。
梅雨時と夏だけイスタンブルとか(笑)。



私はわざと

鍋焼きうどんがおいしいからそう思うの?(笑)

と、軽く茶化し、夫の真意を探ろうと思った。


うん(笑)。
でもこれはイスタンブルでも食べれるだろう?君次第で。


そうね。

一時の気の迷いで言ってると思ってる?

予定は未定だもんねえ(笑)

今まで、トルコ以外で暮らしたこともあるし、好きな街もある。
プラハとかミュンヘンとか。
だけど、イスタンブルの方が好きだった。

でも今僕は、日本がとっても好きになった。
ここで終わってもいいかなと思ったのは日本が初めてだよ。



 ・・・・・・・ (* ゚Д゚)

ホントウダヨ (*´∀`*)


嬉しかったけど、あくまで、リタイア後らしい(笑)。
それでも、
そこまで日本を愛してくれたことをとても嬉しく、
誇りに感じた。


ありがとう。
また楽しみが増えたね。

[PR]
by bizim | 2012-06-17 22:55 | Tokyo'dan
元気です☆
皆様、ありがとうございます。

ちょっとご無沙汰をしてしまいました。
私も夫も変わりなく元気です。

夫とは新居の打ち合わせをすることが多くて、
その仕事の進め方に温度差を感じて、ナゼか、癒されています(笑)。


私はどちらかというと、あらゆる場合を想定して事前に備えておくタイプ。
例えば、不動産を買うとしたら事前に徹底的に調べ上げ、勉強もし、
(実は、その熱が高じて宅地建物取引主任者取っちゃったり(笑))
不動産業者と対等に話せないと気が済まない(それは、
相手が何を言っているのかとか、そういう話を出してくるという事は
良心的で、且つ、いい方向に話が向いているな。
とか、判断がつくレベルにまで知識を持って行くという意味)。

・・・そういいつつ、興味を持ったことはトコトン知らないと
気が済まない性格なのが大きいです。
「知らない」ってことが単純に嫌なんですよね。


中途半端な知識は、使い方を間違うと逆効果になる場合があるけれど、
(本職からしたら、素人の知ったかぶりは鼻につくだろうと思う)
相手に敬意を払い、謙虚さと聞く耳を持ちつつ、
自分の意見もはっきり持てば、大抵の営業マンは、
自分で何も調べない、知りません~な客より、
良くしてくれると思う(私の関わった範疇では)。

だってやっぱり、ある程度知識がないと言って貰えない話、
好かれなければ、教えて貰えない事もあります。
相手だって人間だから、親しみやすさと、でも気や手を抜けない人だな。
と思われることが有利に交渉事やものごとを進めて行く秘訣かなあと。

好かれるだけでもダメ。カモにされない武装も必要。
アメとムチみたいな(笑)。
それが今時点での私なりの結論です^^。


でも、夫やトルコの業者さんは、そんな私からすると
「のん気」のひとこと(笑)。
すべて出たとこ勝負。
しかも、やることなすことズサン。

「だから、~しておいてって言ったじゃん!」
「そうなるの目に見えてたよね?」


という私の言い分に、トルコ側は

「起きるかどうかわからないことを考え過ぎ。
起きてから考えればいいじゃないか」


という。


起きて欲しくないから、
そうならないように事前に言ってるんだろ!(-"-怒)



対応もすべてがスローモー。

「・・・・このレベルの仕事でいいんだ。給料貰えるんだ。
うちの会社じゃ1日でクビだよ」


と、ギャップに驚かされることしばしば。

でも不思議と、イライラより、「それでいいんだ~」って新しい発見と言うか(笑)。

この業界、この会社に入って、ごく当たり前だと思っていたことが、
実はとってもギスギスしていたり、かなり生き急いでいたんだなと・・・。

おおごとと思えるようなことでも、

起きた時に考えて対処すればいいじゃん。
だって、まだ起きてないんだから。あはは!


という価値観に、苛立ちよりむしろ、
癒しを覚える今日この頃(笑)。


先日、知能指数が高い人ほど、不安を感じやすいと言う
結果が出たと言う記事を読んだけれど、

ここ数年、
あまり何かを不安に感じたことがない。
(恥 公言していいのか)

というか、感じる時間がなかった。
不安材料がアタマをかすめて、「後で考えよう」と思ってるそばから、
寝ちゃって忘れてるとか(笑)。

・・・あったとしたら、食べ過ぎちゃったけど、大丈夫かな
とか、そういうレベル。

・・・やっぱり。
どんどんふてぶてしいオバサン化してるとか、
アホ化してきてるんだなと(笑)。
トルコでも充分やっていけるかもしれない(・・・ってどういう意味だ。
トルコに失礼な!(笑))

というか、あらゆる場合を想定して備えるものの、
「最悪の場合になったらどうしょう?」
とか、気には病まないのが私(笑)。

夫なんかさらにテキトーで、「一緒に住めればいいよ(*´∀`*)」。
コイツに任せていていいのか?という疑惑はあるものの、
トルコではトルコ流儀で行きたいと思っています(笑)。

なぜなら、夫がトルコと日本のギャップについて来れず
ブツブツ言った時に、

「だってここは日本だから(ドヤ顔)」

と、決めゼリフを吐いていたので、向こうで言い返されかねないので( '艸`*)。

「ダッテココハ、トルコダカラ!」
[PR]
by bizim | 2012-06-16 22:15 | Tokyo'dan
お知らせ
こちらをほぼ1日に1度更新してまいりましたが、
諸事情により、更新頻度が下がります。
毎日の楽しみとして下さっている皆様には、
申し訳ありません。

訪問して下さる方の人数も安定したため、近々ランキングからも
外れようと思いますので、ランキングよりリンクして
下さっている方は、ご注意下さい。

お陰様で「人気ブログランキング」の「国際恋愛・結婚」カテゴリで560ブログのうち2位。
恋愛結婚カテゴリでは、2 位 / 1,987人
総合では、408 位 / 941,800人

ブログ村では、国際結婚夫婦(その他)と遠距離夫婦で1位
家族カテゴリでは、6位 /9,580人

とさせて頂きました。
ありがとうございます(>_<)!
皆様の地道な応援のおかげです!

でも、
順位が上がったことよりも嬉しかったのは、

15人にひとり程度のクリック率が、10人にひとりに上がったこと!

それだけ、ここへ来て楽しんで下さる人の割合が増えたのだと
単純に受け止めさせて頂き(笑)、夫ともども喜びました゚。(*^▽^*)ゞ
大勢の方に来て頂くことももちろん、嬉しいのですが、
何より、来て下さった方の満足度が高い方が大切だと
思っているので・・・。

お会い出来る頻度は下がってしまいますが、
引き続きよろしくお願いいたします!


これが最後?お帰りの際に、ぽちっ☆と、して頂けると嬉しいです!^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-06-11 23:58 | Tokyo'dan
新居構想ちう
新居が決まり、その配置と言うか、構想で
アタマがいっぱいの今日この頃。

夫は、ダンス部屋を作る気でいるらしい。

「一面、鏡なんだ。色々な角度からチェックできるようにね!」

そこでタンゴの練習をしたり、エクササイズしたり、
そして別の事も密かに企てているのを、私は知っている(笑)。

私は、同居せずそのままふたりで生活をスタートできるだけで
充分。

勿論、アンネの事もババの事も大好きだが、
その大好きなままでいるには、同居せずつかず離れず
がいいと思っていたので、良かった。

でも、私たちの資金だけでは足りなかったので、
夫の実家にお金を返して行かなくてはいけないけれど;p。

でも、夫がこの前送って来たみたいな、ぁゃιぃベッドにされないよう、
釘を刺しておかないと・・・!


お帰りの際に、ぽちっ☆と、して頂けると嬉しいです!^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-06-10 23:45 | Tokyo'dan
オメル、 災難か めでたいのか
夫の親友オメルが、結婚することになった。
なんと、デキ婚。
去年、オメルの日本行きを阻止してシチリアに連れて行かせた
彼女ね(笑)。

おめでたくはあるが、トルコでも順序の逆になった結婚は
大声で言えたことではないのは同じで、
それ以上に当のオメルはフクザツらしい。

何故なら、彼女と結婚をするかもしれないなとは思っても、
それより先に子供は望んでいなかったらしい。
だから、きちんと避妊をしていたのだけれど、その時に限って
避妊具が破れていたらしく・・・・・・・。


見事、命中!


(オメルは)堕胎する事も考えたらしいが、彼女は産みたいと言い、
結婚することとなったらしい。

夫曰く

「オメルははめられたんじゃないかと思う(笑)」

日本語だったら、「×めておきながら、はめられたんだ~!」
と、お下品なギャグも脳裏に浮かぶところだが(笑)、

 「結婚なんて、なんかそういうキッカケないとね。
 特にオメルはバツイチなんだし」


「僕もね、昔破れて真っ青になった事あるよ(笑)。
空気が入ってたか、彼女の爪で引っ掻いたかどっちかだと
思うけど」


 「・・・・・(´-∀-`;)」

「なんともなくてホッとしたけど」

そういえば、20代の頃彼と温泉宿とかに泊まって、

 「やばーい!子宝の湯だって~(笑)」

とか言ったりした事もあったっけ :p。

オメルも30過ぎだし、そうなったのも何かの縁。
今度は失敗しないように、頑張って欲しいなあ~。

向こうに行ったら、付き合う事になるだろうオメルの奥さん。
いい人だといいなあ。
夫は未だに「オメルは面食いだったのになぁ~。
これでいいのか~」
と、失礼なことを言っていた(=∀=)。

ウチだってそう言われてたりして(ぷ)。


お帰りの際に、ぽちっ☆と、して頂けると嬉しいです!^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-06-09 23:23 | &#304;stanbul'dan
粋な心意気を頂きました☆
世界一ビールを沢山飲む国、チェコに行った時のこと。
せっかくだからと世界最古のビアホールへと繰り出した。
食事した後だったので、
「雰囲気を味わう程度でいいよね!」と。
私も友人もビールは好きだが、大量には飲めない。
(ワインとか日本酒みたいに発泡しないものは大量可(笑))

ビアホールの気楽さはそのままに、重厚さを感じるビアホールで
ジモティに交じって飲み干すビールはさぞや格別、、、に、
ウマいというよりでかい!

b0197607_0161479.jpg

残しちゃあいけないと、頑張ってはみるが、
本場の男性諸氏のようにガバガバとは飲めない。
またそれが、濃厚な黒だから余計に(めちゃくちゃ美味しいんですけどね!)。

やっとの思いで、あと数口まで迫ったところ、
私たちのテーブルに、ビールがどかっ!と2つ置かれた。

 「え!頼んでない。私たちじゃないよ(;´∀`)」

と、店員に言うと、

「あちらのお客様からです(`・ω´・)ノ"」

指されたまま、あちらを見ると(笑)、ステキなオジサマたちが
微笑みながら、ジョッキを掲げ、

君たちの瞳に 乾杯!(*´ω`)o∪∪o(´ω`*)

的な?(笑)


くぬおおおおおおおおおお
やっとの思いで飲み干したのに、何て余計な事を
このクソジ・・・あ、いや、なんて素敵なことをやってくれるんだ!
カッコいいぞ!オヤジ!


オジサマたちは、それをキッカケに近付いて来る訳でもなく、
自分たちで楽しく飲んでいた。
遠くアジアからやって来た旅行者に、自分たちの自慢のビールを
純粋にご馳走したくなっただけなのだろう。


本当に、なんて粋でステキなんだ!。


こういう年の取り方をしたいなあ~と思った。


バーで女性が一人でグラスを傾けていると、
「あちらのお客様からです」
とか、テレビでパロディをやっているのを観たりしていたが、
まさか本当にあるとは!

友人と、「これは絶対に飲まないといけないよね(´-ω-`)」と、
何かの罰ゲームのように苦しみながら(笑)、飲み干した。

正直、苦しいなんてもんじゃあなかったけれど
ホロ苦いビールの味とは裏腹に、心には甘い想い出が。

私もいつか、日本の居酒屋で外国人観光客を見かけたら、

「あちらのお客様からです」

と、日本酒でも振る舞ってあげたい(いい迷惑か?(笑))と、
狙っているが、既に酔っぱらった日本のオッサンしか
見かけないのだった。新橋風味な(笑)。
(行く店が問題か?)


お帰りの際に、ぽちっ☆と、して頂けると嬉しいです!^^
いつもありがとうございます また よろしくです^^
携帯用 遠距離夫婦ブログランキング

[PR]
by bizim | 2012-06-08 23:58 | Tokyo'dan