"yarım" (やるむ) とはトルコ語で はんぶん の意味。  İstanbul と Tokyo 半々生活のふたりのおはなし。
by bizim
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
BGMにどうぞ


***Jeff Buckley
Calling You





***ONE OK ROCK
カサブタ





***Louis Armstrong 
When You're Smiling
 


ランキングバナーの名残です。
タイランとタンゴです ^^






"Evliliğin ilk yılında adam konuşur kadın dinler,ikinci yılında kadın konuşur adam dinler, üçüncü yılında her ikisi de konuşur, komşular dinler" ;p


free counters

Click for イスタンブル, トルコ Forecast
最新の記事
₪₪ Profile ₪₪
at 2013-12-31 00:00
生まれました!
at 2013-02-04 16:20
ありがとうございます
at 2013-01-17 21:39
これからも、bizim(私た..
at 2013-01-15 22:04
新年たべもの2作☆
at 2013-01-12 07:38
Trilogy
at 2013-01-06 10:01
Yeni Yılnız Ku..
at 2013-01-01 11:34
以前の記事
お知らせいろいろ☆
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

₪₪ Profile ₪₪
b0197607_23153281.jpg

Bizim(わたしたち)の紹介を少し・・・。


ceyda(ジェイダ)
1976年生まれ。都内外資系銀行勤務。
2007年タイランと知り合い、Tokyo-İstanbul 間の遠距離交際の後、
子供が出来るまで、お互いの国で頑張ってお金を貯める事を決意のうえ2010年結婚。
現在、お互い行ったり来たりの変則新婚生活を満喫中。

b0197607_0121364.jpgタイランに「ホントに日本人?」と聞かれたほど、
ちょっと日本人ぽくない濃い顔?
身長も170センチ近いのもあってか、トルコでも時々トルコ人に
間違えられる。

趣味:世界遺産めぐり 新しい大都会より、自然や古い街並みの残る
場所が好き。



taylan(タイラン)
1978年生まれのİstanbulっ子。
ドイツ、イギリスに留学の後、イスタンブルに戻り大学で教鞭を執る。
日本語はまだ話すのはカタコトだが、何故か常用漢字はマスター(笑)。
母国語のほか、ドイツ語、英語、フランス語、オランダ語に堪能だが、実は理系。
ジェイダとはトルコ語と英語で会話。
世俗主義、無神論者。

趣味:映画 旅行 日本の歴史・文化が好きだが、日本旅館は
あることがあって以来、苦手に(笑)。
特技:アルゼンチンタンゴ ピアノ なぞかけ
b0197607_20401618.jpg
トルコ人にしてはクールな性格(笑)。
長身(189㎝)細マッチョ。タンゴを躍らせるとプロはだし(笑)。
涼しげな顔立ちだが、笑うととっても目がタレてこんな顔に豹変する →


   ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡


トルコのBlogを使っていたのですが、引越して来ました。

夫との約束により(笑)写真が載せられなくて淋しいblogなのですが、
文章で楽しんでいただけるよう、頑張りたいと思います^^!

少しでも身近に、臨場感を感じて頂きたいため、なるべく会話メインでお伝え
出来るように心掛けています。



↓ 下記広告は勝手に表示されるもので、当方とは何の関係もありません。
[PR]
# by bizim | 2013-12-31 00:00 | PROFILE
生まれました!
先月末頃、月のとてもきれいな夜に・・・(正確には、その翌日(笑))
無事に生まれました!


女の子です016.gif


夫は出産に立ち会い、ずっと私の手を握り一緒に頑張ってくれました。
私としては、外で待っていて欲しかったのだけれど、
ずっと離れていたので、「( ,,`・ ω´・)出産に立ち会いたい!」と言い張る
夫を拒めませんでした(-ω-`*)。
正直、最初は鬱陶しかったのですが、だんだんそれどころじゃなくなってきて、
もう、いようが、いなかろうが、どうでもいい!って感じで(笑)。

比較的安産だったのですが、わが子の産声を聞いた時は、
熱いものが込み上げて来ました。
タイランは私より先に号泣(笑)。

でも、生まれたての赤ちゃんは愛おしかったけど、
見た目的には可愛くなかったです(酷)。
思わずボヤいたら先生には、

「大丈夫。生まれたてはみんなそうですよ。
そのうち美人になりますよ(*´ー`*)」


と慰められました(笑)。
でも、明らかに鼻は既に日本人じゃない気がします。
凄く不思議。。。

私の中で、生まれてくる子のイメージが日本人顔だったので
(友達には「それじゃ、おかしいだろ!」と突っ込まれましたが(笑)
日本に居て、周囲は日本人の子供しかいないからか?)
タイランはトルコ人なので当たり前なんですが、日本人っぽくない
鼻に少し戸惑っています(笑)。老け顔?


トルコのソイル家では祭り状態になっているようで、アンネとババが
会いに来る気満々のようです。
うちの両親もホッとしてくれ、父も母もそれぞれ、
「おじいちゃんか・・・」「おばあちゃんかぁ」と。
おじさんの弟は(笑)、女の子なので今から戸惑っているようです。
(「おぢさん、キモい!」とか言われないようにな( ´艸`))


実は、赤ちゃんも私もまだ家ではないのですが、焦らず待ちたいと思います。

名前は、日本でも、トルコでも大丈夫な名前にしました056.gif


皆さんに暖かく見守って頂いたお蔭で、無事にこのような日を迎える
事が出来ました。
ありがとうございました。心から感謝いたします。

夫は今も地面から数センチ浮いてる感じですが(*>∀<)、
お互い力を合わせて、子供と一緒に成長して行きたいと思います。

b0197607_821202.jpg

[PR]
# by bizim | 2013-02-04 16:20 | Tokyo'dan
ありがとうございます
皆様

沢山のコメントをありがとうございます(涙)。
本当に、本当に嬉しいです(´;ω;`)。

返信が書けてからコメントの公開をさせて頂こうと思ったのですが、
ちょっと今日、明日と時間がないため先にお披露目をさせて頂きたいと
思います。申し訳ありません。

必ず返信させて頂きたいと思いますので(楽しみながら、じわじわと( ´艸`)
申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。
よろしくお願いいたします。

コメント欄にその旨記載しようかと思ったのですが、
わかりやすいようにこちらにて・・・。

取り急ぎのお礼と、お詫びまで。。。
[PR]
# by bizim | 2013-01-17 21:39 | Tokyo'dan
これからも、bizim(私たち)らしく
夫はもともとblogに反対していたことは、皆様ご承知の通りですが、
実は、存続バトルの中で(笑)、続けて行く上での条件を
約束しました(させられたと言うべきか)。
それは、「トルコに行くまで」という期限でした。

突然ではありますが、今日でこのblogを終わりにしようと思っています。


単純にPCに向かう時間を自分に向けて欲しいと言う要望と、
個人情報が漏れる事への警戒と、ネットの恐ろしさを
夫は常々口にしていました。

ただ私は、夫の言う事は解るにしても、ここで出会えた方々との
楽しさや有意義さの方が勝っており、トルコに行っても
たまに近況報告等、許してもらえたらな・・・と思っていました。
(それは現地に行ってから説得する腹積もりでした。
ですので、夫に期限を切られたことはお話していませんでした)
実際、協力者も得、夫を納得させるだけの策と言うか、
手段は講じていま(す)したので。

が、やはり夫が杞憂するようなことはちょくちょく起きていて、
予定通りというか(笑)、織り込み済みとはいえ気分の良いものでは
ありませんでした。

それでも、多くの方たちに支えて頂き、沢山の元気を頂くことで
気になりませんでした。
ただ、思い込みが激しく読解力に欠ける方が、他の方にまで
ご迷惑をお掛けしているとのご報告を頂いており、
看過出来ないと判断致しました。
(反ってご心配を頂き、申し訳ありませんでした。)


実は、12月中に閉じようと思っていたのですが、気になることもあり、
年末年始に皆様の近況とかも知ることが出来ればいいなあと思って、
年を越してしまいました。

私たちを愛して下さり、ここへ来て下さっていた皆様には、
本当に感謝しています。
ありがとうございます040.gif

しばらくお名前が見えないと、心配になったり、気になったり。
あの人なら、きっとこういう意見を返してくれるかなあ?とワクワクしたり、
感心したり。
初めて書き込んで下さった方の勇気に感謝したり。

そういう私の姿を見ていたからこそ、夫も黙って許してくれていた部分が
大きいと思います。(夫自身は、そもそもblogやネットにほぼ興味がなく、
ネット上での繋がりに否定的であったため、
新鮮な驚きでもあったようです)

楽しみにして下さっていた方には、このような形でお別れをさせて
頂くことをお許し頂けたらと思います。
ただ、無事に子供が生まれたらそのご報告だけは
勝手にさせて頂けたらなぁと思っています。
トルコに渡って落ち着いたら、どこかでまたお会いすることも
あるかもしれません。


本当に色々ありがとうございました。
皆様おひとりおひとりの生活が、愛情と喜びに満ちたものでありますように!


                             ceyda056.gif
[PR]
# by bizim | 2013-01-15 22:04 | Tokyo'dan